スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「タモリ論」と「陽だまりの彼女」

9月20日(金)、朝日新聞朝刊の二面目を開いて本の広告を見て思わず笑ってしまった。



樋口毅宏氏の「タモリ論」と越谷オサム氏の「陽だまりの彼女」

オレ、両方とも読んでる…(笑)

あまのじゃくな性格のオレは村上春樹以外は新聞に広告が載るような本はまず読まないからこれは奇跡的!



名著「さらば雑司ヶ谷」を書いた樋口氏の「タモリ論」では小沢健二の歌詞の凄さについて、小沢健二を「いいとも」のゲストに招いた時のタモさんの名言が収められているし、



越谷氏の「陽だまりの彼女」は小説という表現形態でこれほどはっきりとビーチ・ボーイズへの愛情を表現したものってあのルイス・シャイナーの「グリンプス」以来ではないか?というくらいの「素敵」な作品です。

それにしても…この2冊を並べて広告を打った新潮社凄すぎ!

いったいその意図は…
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。