スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山下達郎 vs ビーチ・ボーイズ

いや~、びっくりしました。 

昨日の達郎さんのラジオ番組「サンデー・ソングブック」で知ったのですが、

なんと、今年の10月に公開予定の映画「陽だまりの彼女」の主題歌を達郎さんが提供するんですって!

タイトルもすでに決まっているらしく「光と君へのレクイエム」だそうです。



もちろん嬉しいです。

はい。

達郎さんなら間違いないです。

…と言いつつ少しフクザツ。

ビーチ・ボーイズ・ファンとしてはさ、映画に「Wouldn't It Be Nice」が使用されることが嬉しくて、もうそれだけで心がウキウキして「陽だまり」にいるようで、さらに僕は猫好きで、上野樹里さん好きで、もう自分にとって充分最高の映画になるだろうってのは分かってるわけで。

ストーリーも素敵だし。

それで映画が大ヒットして、さらに「Wouldn't It Be Nice」もリバイバル・ヒットしたりするかもなんて夢想もしているわけで。

でも、達郎さんが主題歌を歌っちゃったら、

完全に達郎さんに持ってかれちゃうよ!(笑)

「光と君へのレクイエム」がヒットするのはおそらく間違いないでしょう(笑) もしかしたら同じく映画の主題歌だった「希望という名の光」のように、映画の公開が終わっても新たな生命力と意味性を宿して、映画とは無関係に愛される曲になっていくかもしれません。

まぁ、我が国で長らくビーチ・ボーイズ布教の先頭に立ってこられた達郎さんですから。

達郎さん以上の人なんていないよね(笑)

ぽっと出の、どこの馬の骨ともわからない若いミュージシャンに主題歌を歌われなくてよかったし(笑)

でも、「素敵じゃないか」も頑張れ!(笑)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。