スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢健二!!

結局、小沢健二のライヴは5月20日の神奈川県民ホール公演に



一人で行くことにしました。

一階席後方でエヴィス・ジーンズを穿いて眼鏡をかけ、「愛し愛されて生きるのさ」を大声で歌っている一人身の男がいたらまちがいなくとらじろうだと思います。近くの皆さん優しくして下さいね!

まぁ、過去に一度だけ観に行った1996年のライヴ(横浜アリーナ)は八割近くが女の子だったように記憶しているのですが、今回のライヴ・ツアーではもう少し男子率が上がりそうな気がします。男一人でドアノック・ダンスを踊っていてもさほど浮かないかなぁと(笑)

自分もいつか誰かの心のドアをノック出来るのか…?

寒い冬にダッフル・コートを着た女の子と原宿あたりをデート出来るのか…?

「ドアをノックするのは誰だ?」を聴きながらそんな不安感を抱き続けていた若き日の記憶とか、先達たちが作り上げた偉大なるポップ・ミュージックへの感謝とか(例えば「ラブリー」はこれ、「ドアをノックするのは誰だ?」はこれ、「ぼくらが旅に出る理由」はこれ、「痛快ウキウキ通り」はこれ、「ある光」はこれ)、皆さん、そんな小沢健二へのそれぞれの想いを今度のライヴでわかち合いましょう!



そういえば、小沢健二関連でビーチ・ボーイズのネタといえば、この間は「God Only Knows」が引用されているフリッパーズ・ギターのラスト・アルバム『ヘッド博士の世界塔』について書きましたが、2ndアルバム『カメラ・トーク』(↓)



の収録曲「ワイルド・サマー/ビートでゴーゴー」に

ワイプ・アウト / リトル・ホンダ /  
ジャンとディーンもそろえたさ /


という歌詞があるのを思い出しました。ちょっとGSっぽい雰囲気もあるサーフィン&ホット・ロッドへのオマージュのような曲。とってもいい曲ですね!フリッパーズの曲って歌詞はほとんど小沢が書いていたというのをどこかで読んだことがありますがこの曲のこの箇所はなんとなく小山田圭吾っぽいです(笑)
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。