スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブライアン・ウィルソン 「California Sun」

日本アカデミー賞の最優秀作品賞は「沈まぬ太陽」が受賞されたそうですが、ポップ・ミュージック界における「沈まぬ太陽」はブライアン・ウィルソンだと思います。



…そういえば、「太陽」といえば、先日CDが届いていました。米アニメの「おさるのジョージ」のサウンド・トラック(↓)です。



このCDにはリヴィエラズの1964年の大ヒット・ナンバー「California Sun」のブライアン・ウィルソンによるカヴァーが収録されているんです。

こちらのサイト(↓)で試聴できます(3曲目)

http://www.429records.com/sites/429records/pressclips/newreleases/curiousgeorge2/newreleases.html

終わり方がやたらと唐突ですね(笑) でも、後半からの一人ダビング・コーラスは実にブライアンらしくていいんじゃないでしょうか。

この「California Sun」という曲、1964年当時も全米5位まで上がった有名なカリフォルニア賛歌ですけど、ラモーンズのカヴァー・ナンバーとしてガレージ・パンクのはしりのような印象もありますよね。

ラモーンズ「California Sun」(ライヴ)
http://www.youtube.com/watch?v=1Z9iUdiS3hI&feature=PlayList&p=7A5B32C052899533&playnext=1&playnext_from=PL&index=12

ふと思い出しましたが、先日の「小説に登場する“ビーチ・ボーイズ”」でご紹介させていただいたボブ・グリーンの小説「十七歳」(↓)



にも「California Sun」についての記述が少しありました。
 
WCOLの新しいヒット・チャートが発表された。『シー・ラヴズ・ユー』が一位、『抱きしめたい』はひとつ下がって二位。『プリーズ・プリーズ・ミー』は三十一位。ビートルズ以外にもすごい曲が二曲入っていた。ひとつは『カリフォルニア・サン』という曲。歌っているグループの名前は聞いたことがない名前だった。これが二十位。もうひとつは今週の推薦曲で、ビーチ・ボーイズの『ファン、ファン、ファン』。父親のサンダーバードを乗りまわす女の子の歌で、ドライヴしているときに聴くには最高の曲だと思う。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。