スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢健二!

川本真琴の復活(新作リリース)の話題でふと思い出したんですが、同じく90年代に一世を風靡した“あの人”が復活するそうですね。“渋谷系の王子様”こと、オザケン、小沢健二が5月から13年ぶりの全国ライヴ・ツアーを行うとのこと。



いや~、前にも書いたことがありますが、私の90年代のNo.1Jポップ・アルバムは彼の2nd『ライフ』(↓)



「ラブリー」「愛し愛されて生きるのさ」「ドアをノックするのは誰だ?」「今夜はブギー・バック」「ぼくらが旅に出る理由」…本当に当時の自分のテーマ・ソングでした(笑) その後のシングル「強い気持ち・強い愛」「戦場のボーイズ・ライフ」「さよならなんて云えないよ」「痛快ウキウキ通り」なんかもまるで“神が華やぐ魔法をかけた”かのような美しさと力強さ。大好きだったなぁ、オザケン。

でも…結局、ライヴに行けたのはたったの一度だけです(1996年3月の“レヴュー96-ダイヤモンド組曲・甘夏組曲・サファリ96-”ツアーの横浜アリーナ) オリーブ少女たちと一緒にもっとライヴを観たかったなぁと。だから今回の復活ライヴはスケジュールが合えばぜひ行きたいと思ってるんですが…

男一人で観に行くのは寂しいので、誰かオレと一緒に行ってくれません?



…ところで、小沢健二関連でビーチ・ボーイズのネタといえば、フリッパーズ・ギターのラスト・アルバム『ヘッド博士の世界塔』(↓)



の1曲目「ドルフィン・ソング」のイントロに「God Only Knows」が使用されていますね。さらに1:42あたりからは「英雄と悪漢」の“パパパ…”のスキャットも使われています。その他、ラストの9曲目「世界塔よ永遠に」にもテープを逆回転させた「God Only Knows」が出てきます。まぁ、そういったはっきりとした引用だけでなく、アルバム全体にわたるサンプリング感そのものがブライアン・ウィルソン的、「スマイル」的なんですよね。
スポンサーサイト

Comment

ブログを

楽しませていただいています。ありがとうございます。

今回のエントリに関係ないことですが,バンクーバーのセレモニーでニール・ヤングが"Long May You Run"を演ってたみたいですね。私はまだ見れていないのですが,なんだか嬉しくなってコメントしてしまいました。

まろのすけさん、はじめまして。ブログを読んで頂いてありがとうございます。そしてコメントもどうもありがとうございます。

そうなんですか!それは素敵なニュースですね!「Long May You Run」には後半の歌詞に

“たぶん君は今ごろビーチ・ボーイズのとりこになってキャロライン・ノーを歌っているだろう”

というのが出てくるんですよね。閉会式のセレモニーでもその箇所までちゃんと歌ってくれたんでしょうかね(笑)?

そういえば、ニール・ヤングといえば、今回のオザケン関連のネタではフリッパーズの「ドルフィン・ソング」にバッファロー・スプリングフィールドの「Broken Arrow」がそのまんま借用されてますね(笑)

…とわざとらしい前振りをして質問…まろのすけさんはオザケンは興味ありますか?
非公開コメント

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。