スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川本真琴 『音楽の世界へようこそ』

キャロル・ケイがベースで参加した川本真琴の新作『音楽の世界へようこそ』を購入、さっそく聴いております。



いや~、90年代後期、川本真琴はとっても好きでした。岡村靖幸プロデュースの「愛の才能」での鮮烈なデビューの印象とか、小さな身体にアコギを抱えてガチャガチャ弾いている姿とか、天から授かった唯一無二のヴォーカルとか、ちょっとエキセントリックというか不思議ちゃんというか(失礼な!)、でも人を惹きつけてやまないキャラクターとか、いまだ強く記憶に残っていますね。

本作『音楽の世界へようこそ』は川本真琴名義としてはおよそ9年ぶりの作品となるセルフ・プロデュース作。一体どんな出来かな?と思いましたが、相変わらずのエッジの鋭さを感じさすナンバーもありつつ、全体的には今の彼女を取り巻いているであろうゆったりとした生活のリズムや空気がそのままパックされたナチュラルな音触り。いや~、素晴らしいです。さすがの才女ですね。

キャロル・ケイが参加した曲はラストに収録の「小鳥のうた」。川本真琴のピアノとヴォーカル、キャロル・ケイのベース、そしてドラムというシンプルな編成ながらなかなか壮大なバラード・タイプのナンバー。安定したべース・プレイで曲を下から支えております。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。