スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芦原すなお 「青春デンデケデケデケ」

「小説に登場する“ビーチ・ボーイズ”」の第4回目は芦原すなおの「青春デンデケデケデケ」(1991)です。



新しいところでは、やはり当時の若者らしく、ベンチャーズ、ビートルズ、クリフ・リチャードとシャドウズが大好きで、ビーチボーイズやアニマルズも大いに気に入っていた。

第27回文藝賞、第105回直木賞受賞作。この作品も映画化されましたね(大林宣彦監督) 当時かなり話題になった作品ですけど、実は読んだのはごく最近なんです。ヤッチンロック。さんが熱くレコメンドされていらっしゃったので。いや~、面白かったです。登場人物がとっても生き生きとしてますね!本当にありがとうございました!



(↑)1995年に角川から出た長編の完全オリジナル版(私家版)の方がビーチ・ボーイズに関する記述も多いですね。
スポンサーサイト

Comment

とらじろうさん、お久しぶりです!

『青春デンデケデケデケ』気に入って頂けて良かったです(^^)。

残念ながら、先月の来日公演にはご縁がなかったので、とらじろうさん
のレポート拝読して楽しませて頂いたんですが(有難うございます!)、
「小説に登場する“ビーチ・ボーイズ”」シリーズ、面白いですね!!
とっても興味深いテーマなので、更なる連載、期待してます(^^)。

ところで、最近僕が気になってて、とらじろうさんに是非おススメしたい
バンドがあるんです。The PassportsっていうLAのバンドなんですけど、
お時間のある時にでも一度My Spaceで試聴してみて下さい♪
http://www.myspace.com/thepassportsmusic

ヤッチンロック。さん、こちらこそご無沙汰してしまってすみませんでした!

いや~、『青春デンデケデケデケ』、本当に面白かったです!実は…私の中ではこの作品、ちょっと敬遠してた感じもあって。というのは、村上の『ノルウェイの森』がベストセラー化した後、ちょっとした60年代ブームがあったと思うのですが、その流れの中で出てきた作品、というイメージがあって。他にも小林信彦の『イエスタデイ・ワンス・モア』 なんていうバック・トゥ・ザ・フューチャーっぽい小説も出たりで、二番煎じ、三番煎じな印象があったんです(すみません・笑)

でも、奇しくも『デンデケデケデケ』文庫本の解説で大林宣彦氏が書いているように、過去を懐かしんで「昔は良かった」みたいなノスタルジーものではないっていうところがとても好感でした(えらそうにすみません・笑) とにかく登場人物たちが生き生きとして愛らしいこと!素敵な小説を教えて下さいまして本当にありがとうございました!

さらに…素敵なバンドを教えて下さいましてまたありがとうございます!
The Passports…素晴らしすぎます。エクスプローラーズ・クラブ以来の衝撃です。CDはもう出ているんでしょうか?

とらじろうさん、お返事遅くなってスイマセン(汗)。
実は僕も小林信彦の『イエスタデイ・ワンス・モア』は(続編の
『ミート・ザ・ビートルズ』における松村雄策さんとのビートルズ論争も
含めて)反感を持ってたのでお気持ちわかります(^^;)。

それはそうと、Passports、ね、いいでしょ!
実は僕も全然知らなかったんですけど、去年、My Spaceに突然
彼らからフレンド・リクエストが来て、それで何気に試聴してみたら
ビーチ・ボーイズの影響色濃いこのサウンドだったので感激しちゃって(笑)。

どうやらAMGで調べてみると昨年CDパッケージも出てるみたいですが
(?)、でもMy Spaceや彼らの公式サイトを見る限りiTunesでの音源配信
が中心のようですね。僕はiTunesユーザーじゃないので、日本独自ででも
いいからパッケージ盤出して欲しいです(^^;;)。

www.thepassportsmusic.com

ヤッチンロック。さん、お返事どうもありがとうございます。

いや~、「ビートルズ論争」は当時かなり話題になりましたね。一般の新聞にも騒動を伝える記事が載ってそれを読んだ記憶があります。でも僕は『ミート・ザ・ビートルズ』の方は読んだことがなくて、さらにビートルズについてもあれこれ言えるほど詳しくないので、「演奏が全く聴こえなかった」「いや、十分聴こえた」という二つの意見のどちらが正しのか当時はよく分からなかったです(笑) ただ、『イエスタデイ・ワンス・モア』っていう小説があまりに安易なプロットのお話で、いくら子供向きでもこんなものが世に出ていいのか?と読んだ時に思いました。僕の大好きな曲名をタイトルにして欲しくないなぁって(笑)

それはそうと、Passports、いいですね!ありがとうございました!
僕も音楽配信よりパッケージ派(笑)、ぜひ日本盤CDを出して欲しいです。あと…My Spaceってなかなか有意義なツールですね。僕もやってみようかなぁ。ネットの繋がりはcat soundsのブログ一本なんです。ミクシィもツイッターも時間がなかなかなくて…(泣)

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

藍色さん、はじめまして。素敵なハンドルネームですね!コメント&トラックバックしていただきましてありがとうございました!

ブログ「粋な提案」、拝見させていただきました。とても読書家でいらっしゃいますね!個人的には三田誠広さんの「僕って何」は読んだ当時のことをふと思い出したりしました。どうもありがとうございました。こちらは音楽系のブログですがまたぜひ遊びに来てくださいね!
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

青春デンデケデケデケ 芦原すなお

1965年の春休み、ラジオから流れるベンチャーズのギターがぼくを変えた。 高校生たちがくりひろげる抱腹絶倒、元気印の、ロックと友情と...
プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。