スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤナーチェック 「シンフォニエッタ」

村上の「1Q84」(BOOK1、2)をようやく読み終えました。うーん、“リトル・ピープル”って一体何なんでしょうかね?まぁ、これまでにも、例えば「羊男」みたいな人知を超えたような存在はよく登場して来た“ムラカミ・ワールド”ですけども…。とにかく来年夏に出版が予定されているという続編(BOOK3)が楽しみ!



そういえば先日、武蔵小山のペット・サウンズ・レコードさんで「1Q84」に登場したクラシック音楽、ヤナーチェック「シンフォニエッタ」を収録したアルバムを購入しました。小説中で登場人物の<青豆>がレコード店で購入して聴いたのと同じジョージ・セル指揮、クリーヴランド管弦楽団のものです。



いや~、少年時代はかなりのクラシック音楽好きで、小澤幹雄さん(指揮者・小澤征爾さんの弟さん)がパーソナリティを務めていたFM東京の「小澤幹雄のやわらかクラシック」を毎週欠かさず聴いていたとらじろうですが、ヤナーチェックの「シンフォニエッタ」という曲は初めて聴きました。クラシック音楽を聴き込んだのが久しぶりということもありますが、とっても瑞々しく聴こえてきますね。

YouTubeにありました。

(↓)ヤナーチェック 「シンフォニエッタ」



この「シンフォニエッタ」を聴いて知らず知らずの内に1984年から“1Q84”年へと引き寄せられていった<青豆>のように、私たちも2009年から“200Q”年へと引き寄せられてしまったら…怖いですよね(笑)

ちなみに、私の少年時代のクラシックのお気に入り曲はロッシーニのオペラ「泥棒かささぎ」序曲。

(↓)ロッシーニ 「泥棒かささぎ」(序曲)



勇ましくて、胸がドキドキしません?(笑) アバド指揮のベルリン・フィル最高!偶然にも、「泥棒かささぎ」は村上の「ねじまき鳥クロニクル」の第一部に出てきてサブ・タイトルにもなってますね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1Q84 BOOK 1 |村上 春樹

1Q84 BOOK 1村上 春樹新潮社 刊発売日 2009-05-29 面白い方...

1Q84 BOOK 1 |村上 春樹

JUGEMテーマ:小説全般 1Q84 BOOK 1村上 春樹新潮社 刊発売日 2009-05-29 面白い方だと思います! 2009-12-14 村上春樹さんの著書は、8割読んでいます。 ただ、文学には詳しくなく、書評等も読むことは少ないので、 本を分析して読むタイプではないです。 また...
プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。