スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーチ・ボーイズの“1Q84”

村上の新作「1Q84」が空前の大ヒットとなっていますね。私も村上好きなので第一巻(BOOK1)のみは購入したのですが、こう大ブームになっちゃうと、天邪鬼な性格なので「後でもいいや」と思ってしまって(他に読みたい本も溜まっているし)まだ手を付けていません。今では猫が枕にしちゃってる感じです。



ヨダレ垂らすなよー

ふと思いついて、我らがビーチ・ボーイズは“1984”年に何をしていたか、「ザ・ビーチ・ボーイズ・ダイアリー」(↓)



を繰って調べてみました。残念ながら目立った活動は無かったようですが、7月にフォー・シーズンズ主導の下、彼らとビーチ・ボーイズの初の共演シングル「East Meets West」が発売になったとありました。

ビーチ・ボーイズとフォー・シーズンスは60年代から“犬猿の仲”だと言われています。ビーチ・ボーイズのアルバム『Surfer Girl』に収録されている「Surfer's Rule」にも、“フォー・シーズンズよ、よく憶えとけ”という歌詞が出て来ますね。その両者の記念すべき初顔合わせ、2年前の1982年にはポール・マッカートニーとスティーヴィー・ワンダーの「Ebony and Ivory」が、前年の83年にはポールとマイコーの「Say Say Say」が共に大ヒットしているし、その「共演」の流れに乗ってのヒットを狙ったのでしょうが、…あまり話題にならなかったようです(笑)

YouTubeにありました→ http://www.youtube.com/watch?v=isn9_AbhOck

作詞・作曲はボブ・クリュー&ボブ・ゴーディオ、ヴォーカルにフランキー・ヴァリ、マイク、カール、アル、ブライアンと来れば、どう転んでも名曲になりそうですけど、うーん、今聴くと曲自体は悪くないと思いますが、60年代から活動を続けるビッグ・ネーム同士の初共演にしてはサウンドのアプローチがちょっともったいなかった気もします。チャーリー・カレロがアレンジを務めていればもう少しサマになったでしょうが…。結局、それ以来、再共演することは無いんですよね。やっぱり“犬猿の仲”だったのか…。



CDでは2007年に出たフォー・シーズンズのボックス『Jersey Beat / The Music of Frankie Valli & the Four Seasons 』(↑)に初収録されました。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。