スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

That Lucky Old Sun

私は何度も何度もその果実を鼻に持って行っては嗅いでみた。それの産地だというカリフォルニヤが想像に上がって来る。 (梶井基次郎 「檸檬」)

いや~、思わず梶井基次郎を引用してしまいましたが、実は私も今、梶井の小説の主人公と同じように、果実の匂いを嗅いでカリフォルニアのことを思っているのです。檸檬(レモン)ではなく、スーパーで買ったカリフォルニア産ネーブル・オレンジ
(↓)ですけど(笑)



昨日4/14は「オレンジ・デー」だったからかもしれませんが、普段より安い値段だったので1個だけ買っちゃいました。でもすぐに食べたりしません。ブライアン・ウィルソンの『That Lucky Old Sun』のジャケ
(↓)



に描かれた果物ですから、アルバムを聴きつつ眺めたり、匂いを嗅いだり、もったいぶって楽しんでおります。まさに“That Lucky Old Sun” が育んだ果物です。  

ところで皆さん、『That Lucky Old Sun』のジャケの中央に、このオレンジに囲まれるように描かれている花を御存知でしょうか。



(↑)「カリフォルニア・ポピー」(California poppy)という花です。 1ヶ月近く前に「スーパービバホーム」で見つけて買って来ました。今、うちのベランダで超満開です(笑)

北米原産で、花言葉は“私の希望を叶えて下さい”だそうです。ブライアンにぴったり(笑) そして、この春から新しい環境で新たなスタートをきられた皆さんにもぴったりですね。



そういえば、「That Lucky Old Sun」 DVD
(↓)



のドキュメンタリーの冒頭、ディノ・デシ&ビリーのビリー・ヒンチが

ウィルソン家がLAに住んでなかったら
カリフォルニアにアイデンティティーはなかった


なんて述べてますが、カリフォルニア州の「州花」にもなっているこのカリフォルニア・ポピー、私の気持ちとしては、cat soundsをいつも読んで下さっている皆さんに一輪ずつ手折ってプレゼントしたいくらいです。ブライアンに代わって、“カリフォルニア”をあなたに(笑)
スポンサーサイト

Comment

私も昔から、ネーブル・オレンジといえばカリフォルニアを想像していました。カリフォルニアは、太陽の光りがいっぱいで爽やかな所なんだろうなと思っていました。

『That Lucky Old Sun』は、まさしくそんなイメージのアルバムでした!「FOREVER SHE'LL BE MY SURFER GIRL」や「SOUTHERN CALIFORNIA」などを聴 くとカリフォルニアに憧れてしまいます。
私はこのアルバムが本当に好きで、ますますブライアンのファンになってしまいました。前向きで、優しさと暖かさに溢れていて最高。

ジャケットの花はカリフォルニア・ポピーというのですね(素敵な名前!)名前の通り、カリフォルニアの太陽やオレンジを連想させる花だと思います。
花言葉も素敵ですね。

今度花屋で探してみます!

テルミンさん、コメントどうもありがとうございます!

そうですよね、オレンジといえばカリフォルニアですよね。「サンキスト」ってブランドがありますけど、あれも元々はカリフォルニアが由来で、1986年にはビーチ・ボーイズのバンド結成25周年のアニバーサリー・コンサート・ツアーを主催してくれて、さらにビーチ・ボーイズと「サンキスト」の2つのロゴの入ったアルバム(ベスト盤)まで出してくれてるんです。そのアルバム(LP)も持ってるので機会があればネタにしようかな(笑)

カリフォルニア・ポピーですが、調べてみると、一般的なポピーは“アイスランド・ポピー”という品種のようです。神奈川には「くりはま花の国」という公園があって、先週の土曜日から「ポピーまつり」を開催していてカリフォルニア・ポピーも申し訳程度にはあるみたい(笑)

私の家のカリフォルニア・ポピーは結構早く花びらが落ちてしまって毎日掃除です(笑) 落ちた花びらは『That Lucky Old Sun』のライナーや「ビーチ・ボーイズ・ダイアリー」に挟んで押し花にしてます(押し花なんて今どき他にする人いるんですかね?)
非公開コメント

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。