スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Many Moods Of Murry Wilson

ブライアン・ウィルソンの父親、マリー・ウィルソンが発表した唯一のアルバム『The Many Moods Of』が来月の25日にデジパック仕様で再発されるようです(→ CDJournal.com) 



このアルバム、2002年に日本の東芝EMIが世界で初めてCD化したんですが既に廃盤。ビーチ・ボーイズのファンの方でまだ持っていらっしゃらない方はこの機会に購入を検討されてもいいかもしれませんね。

個人的には、…うーん、あまり好きではないマリー・ウィルソンだから辛口になるってわけではないのですが、聴いているとちょっと眠くなってしまいます(笑) 本当にイージー・リスニングなイージー・リスニング・アルバムなんじゃないかなぁと。

まぁ、私はこのアルバムが2002年に初CD化された時に初めて聴いたクチで、レア・アイテムだったLPレコード時代から聴いて来られた方はきっと違う印象をお持ちでしょう。出逢い方が違いますからね。

私がこのアルバムで無条件で気に入っているのはジャケのアート・ワーク。本当に美しいと思います。

このジャケはスウェデッシュ・ポップ・バンド、シナモンの1999年リリースのアルバム『The Many Moods Of Cinnamon』(↓)や



CRT & レココレのイベントでもお馴染みの好事家・瀬竹誠さんが関わっていらっしゃるコンピ『The Many Moods Of Smiley Smile』(↓)



にも転用されています。

ぶっちゃけ、中のサウンドが判らなくても思わず手に取ってしまいたくなるジャケですよね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。