スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いとしのエリー

来月、8月の1~3日にビルボードライブ東京でマリーナ・ショウの来日公演があるそうです。

彼女のサポートとしてデヴィッド・T・ウォーカー(g)、チャック・レイニー(b)、ハーヴィー・メイスン(ds)、ラリー・ナッシュ(p)という凄腕の名手4人も参加するようなので、1974年リリースの超名盤『Who Is This Bitch Anyway』(↓)



からの曲をたっぷり聴けるんじゃないかという話です。いや~、まちがいなく素晴らしいライヴになるでしょうね。スケジュールが合えば私も行きたいです。

…ところで、実はうちらサザン・ファンは“マリーナ・ショウ”と“『Who Is This Bitch Anyway』”と聞くと、「ピクッ」と過敏に反応してしまったりもするのです。『Who Is This Bitch Anyway』に収録されている「You Taught Me How To Speak In Love」がサザンの名曲「いとしのエリー」の元ネタなので(笑)

YouTubeにありました。 

「You Taught Me How To Speak In Love」
 http://www.youtube.com/watch?v=0BtiUk5Ph1M

歌い出しからのメロディの流れが「そのまんま」な感じですよね(笑)

まぁ、チャック・ベリーの「Sweet Little Sixteen」とビーチ・ボーイズの「Surfin'U.S.A.」の関係を持ち出すまでもなく、このポップ・ミュージックの世界ではそういうこと(パクリ)はよくあることだし(ブライアン・ウィルソンもやってるし)、さらに言えば、(「Surfin'U.S.A.」がそうであるように)たとえ「パクった」としても別の色合いなり価値観なり世界観なりが新たに付加され、それが独自に魅力的に響くのであれば、もう「パクリ」であって「パクリ」ではないと言ってもいいわけです。「いとしのエリー」もまちがいなく独自の魅力のある曲だと思うし、サザン・ファンとして別に肩身を狭くしなくても…いいですよね?(笑) 

そういえば、「いとしのエリー」の話題といえば、オーティス・クレイの1983年の来日公演の模様を収録したライヴ盤『ライヴ・アゲイン』(↓)



が昨年の11月に奇跡の初CD化になりました。このライヴでは終盤に「エリー」をカヴァーしてくれているんですよね。

ちょうどTVドラマ「ふぞろいの林檎たち」が放送された年、オーティス・クレイからの日本のファンへの感謝を込めたプレゼントだったのでしょう、彼らしい実にソウルフルな歌唱で、12分近くにも及ぶ大カヴァーです。まぁ、4分半あたりからはアドリブで歌詞を繋いでいく感じなのですが、“Please remember”とか“See you again”とか歌ってくれてて聴いててグッときます。特に10分35秒くらいからは本当に感動的ですので興味のある方はぜひCDを買って聴いてみて下さいね。

…ついでに、映像が残っているものの中で私が一番好きなサザンの「いとしのエリー」は、ビデオ「武道館コンサート」のもの(↓)



このビデオ、タンスの奥にしまい込んじゃったみたいで今出て来ないんですけど、桑田の「結婚宣言」とかもあるし、いつかDVD化されて欲しいですね。
スポンサーサイト

Comment

こんばんは!お久しぶりです。

YouTube拝見しました。出だしが正しく「いとしのエリー」ですね!元ネタの曲があったとは知りませんでした。

そういえば大滝さんの「FUN×4」のエンディングのフレーズは、ビーチ・ボーイズの「Fun Fun Fun」そのままですね~
大滝さんの曲は洋楽の元ネタが多いそうなんですが、マニアック過ぎて私はよく分かりません(笑)

ナイアガラ

テルミンさん、こんにちは。ご無沙汰してしまってすみませんでした。

お盆までは仕事が非常に忙しくて、お盆が過ぎてからは体調が絶不調で、こりゃ、「新型インフルにでもかかったかな?」なんていう感じだったのですが、ただの夏バテ&夏風邪の複合症状だったようです(笑) ようやく回復して来ました。どうもすみませんでした。

ナイアガラ・サウンドの魅力って、やっぱり過去の偉大なるポップ・ミュージックへの橋渡し、ガイダンスになってくれているという部分も大きいですよね。大滝師匠のオリジナルのメロディだと思っていたら、ふとラジオで耳にしたオールディーズによく似たフレーズが出てきて「にんまり」という経験は私もあります。パリス・シスターズの曲とかそうだったかな。

あ、でも、ロンバケの「カナリア諸島にて」の

♪ “カーナーリアー・アーイランド”

が、ビーチ・ボーイズ「Please Let Me Wonder」の

♪ “プリーズ・レット・ミー・ワーンダー”

によく似てるなぁというのはかなり早く気付きました(笑) あの曲は「砂に消えた涙」なんかも入り込んでますね。そういうのを見つけるのがナイアガラ・サウンドの楽しさですね(笑)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。