スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カール・ウィルソン「Heaven」

Endless Summer Quarterlyの2008年夏号のファンジンに付いてくるオマケCDのデニス・ウィルソン・トリビュート『Only With You』(↓)ですけど、



ブライアンはカールの名曲「Heaven」のカヴァーで参加しています。“デニス・ウィルソン・トリビュート”なのに、なんでカールの曲のカヴァーを(?)って一瞬思ったんですけど、歌詞を思い浮かべてみてやっぱりこの曲でいいんだなぁと思い直しました。「Heaven」はデニスをイメージさせる“海”の曲でもあるんですよね。

(↓)「Heaven」を収録したカールのソロ・アルバム『Carl Wilson』 (1981)



「Heaven」の歌詞はこんな感じ
 
君の瞳を見るたびに
航海しているような気持ちになる
君は僕を漂わせ先へ進めてくれる風
たぶん僕は天国で暮らせるだろう
めざす場所は天国だ

今まで誰も教えてくれなかった
誰も教えてくれなかったけれど
地上に天国が現れることもあるんだね

君の心は思いやりに満ち
優しい感触は人生を吹き抜ける涼風のよう
僕は君の腕の中で安らぎ
君の笑顔に屈服する
少しだけ抱きしめていてくれ

穏やかにうねる愛の波
心地よい夏の陽差し
君の愛に包まれていれば羅針盤はいらない
僕はもう目的地へ向かいつつあるんだ
君は神に遣わされた天使だろうか


今年はカールがガンのため亡くなって10年の区切り。もしかしたらデニスとカールの二人に捧げての収録ということかもしれませんね。

ソニーさん、カールのソロ2作を再発しません?そろそろ。
もちろん、レガシー・エディションで(笑)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。