スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デニス・ウィルソン・トリビュート『Only With You』

遅ればせながら我が家にもEndless Summer Quarterlyからファンジンの2008年夏号(↓)が届きました。



内容はというと、今夏再発されたデニス・ウィルソンの『Pacific Ocean Blue』について、共同制作者/プロデューサーのグレッグ・ジェイコブソンとジム・ガルシオ、エンジニアのジョン・ハンロン、さらにディーン・トーレンスやビリー・ヒンチなどの関係者へのインタヴューがかなりのボリュームで掲載されています。まぁ、当然の事ながら全て英文なのでよく分らないんですけども(笑)

でも、今号の目玉は何といってもオマケCDのデニス・ウィルソン・トリビュート 『Only With You』(↓)の方ですね。



参加ミュージシャンと収録曲はこんな感じ(↓) なかなか豪華です。

Carl B. Wilson (w/ Matt Wilson on guitar)   Only With You
David Marks (w/ Al Jardine)   I Sail Away
Philip Bardowell   True Love
The Duophonic Band   Sound of Free
Dean Torrence   Like A Summer Rain
Paul Steel & Stephen Kalinich   Ocean
It's Only Roy   Malibu
Brian Wilson   Heaven
Chris English   Summer Revisited
Matt Jardine   Middle of Nowhere
Marty Rudnick   Situation
John Hunter Phillips   It's About Time
Wayne Tweed   Tell Me What It's Like
DP2   Not Getting Out of Bed
Alan Boyd   Lost on the Moon
Mitch Schecter   Surfer's Lament (instrumental)
Peter Lacey   Sublime
Carnie Wilson (featuring Brian Wilson)   You Are So Beautiful
The Ladykillers   Celebrate The News
Chris Farmer   California Sleepwalkin'
Randell Kirsch & Christian Love   Falling Away As We Rise
Carnie Wilson   Forever

ブライアンの歌うカール作の名曲「Heaven」のカヴァーは感動的だし、コーラスにアル・ジャーディンが参加したデヴィッド・マークスの「I Sail Away」 はのんびりしたムードがまたよろしいです。デニスと仲の良かったディーン・トーレンスはジャン&ディーンの名盤『Save For A Rainy Day』から「Like A Summer Rain」の新録を引っさげて参加、また、The Duophonic Bandというバンドは未だCD化されていないデニスのレア曲「Sound Of Free」のカヴァーをやっているし、かなり聴きごたえありますね~、このオマケCD。

聴いててさらに思ったのは、ビーチ・ボーイズのメンバーの子供たちの頑張り。ブライアンの娘カーニーは「Forever」と「You Are So Beautiful」(父ブライアンとデュエット)のカヴァーで素晴らしい歌声を披露してくれているし、デニスの息子カール・Bはデニスの孫(!)にあたるマシューの弾くギターをバックに、「Only With You」を大切に紡ぐように歌ってくれています。また、アル・ジャーディンの息子マットは「Middle Of Nowhere」で、マイク・ラヴの息子クリスチャンはビーチ・ボーイズのツアー・メンバーのランデル・カーチと組んで「Falling Away As We Rise」でそれそれ参加、皆、“デニスおじさん”のために一肌脱いでくれています。



いつか彼らビーチ・ボーイズ・チルドレンの中から、カーニー&ウェンディーに続くタレントが出てこないかなぁと思います。
スポンサーサイト

Comment

ウィルソン Love!

とらじろうさん、こんばんは!
デニスのトリビュート・アルバムは凄い豪華メンバーですね~BBファミリー総出演という感じで。とてもオマケとは思えません。
デニスってお孫さんがいたのですね!知りませんでした・・・そういえば、デニスとカールの息子が結成した「イン・ブルーム」というバンド、今も活動しているのでしょうか?検索してみたのですが、よくわかりませんでした。

こんな動画を見つけました。
ブライアンの「Lay Down Burden」(ライブ?)

http://jp.youtube.com/watch?v=m_cdDzr48JE&feature=related

ウィルソン三兄弟が大好きな私は、これを見て涙・・・ブライアン、デニス、カールの映像にブライアンの優しい歌声が流れてきて感動ものです。世界で一番最高な兄弟!

Lay Down Burden

テルミンさん、こんにちは!
いい映像ですよね~、これ。「イマジネーション・ザ・ビデオ」か何かでしょうか。「Lay Down Burden」も心に沁みる本当にいい曲ですよね。

カールの話しといえば、以前、ムーンライダーズの鈴木慶一さんが、

ブライアンが精神的にダウンして、三男坊のカールがバンドを率いていかなければならなくなった時、彼には相当のストレスが襲ったろう、それが51歳でのガン死に結び付いたのでは

と仰ってたことがあって、僕はその話しを聞いて涙が出そうになってしまいました。それまで病気は病気、ビーチ・ボーイズはビーチ・ボーイズ、という認識だったので(ごめん、カール)

「Lay Down Burden」はその辛い思いを前向きに乗り越えていこうという曲ですね。そして新作『That Lucky Old Sun』があると。テルミンさん、聴かれましたか?本当に素晴らしい出来ですね!
非公開コメント

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。