スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ノルウェイの森」が映画化!

ネットのニュースで知ったのですが、村上春樹の長編小説「ノルウェイの森」が映画化されるんですってね(→Yahoo!ニュース) いや~、ちょっとびっくりです。

監督を務めるのは「青いパパイヤの香り」や「シクロ」などの作品で知られるフランス人監督トラン・アン・ユンさん。うーん、フランスの方に小説の舞台となった1960年代後半の東京の街をどれだけ再現出来るのでしょうか?

そもそも主役は一体誰が務めるのか?全く適する俳優が思い浮かべられません(笑) ふと思ったのは、ヒロインの1人の「緑」役に上野樹里さん。あのボーイッシュで元気のある女の子の役は彼女に合いそうな気がするのですが(どうでしょうか?)

今回の「ノルウェイの森」映画化の話、個人的にはちょっと期待と不安が入り混じってしまっているのですが、もしかしたらそれは村上春樹のデビュー作「風の歌を聴け」の映画化作品(↓)の出来のせいかもしれません。



映画と小説は別物だって分ってますけど、村上ファンとして、そしてビーチ・ボーイズ・ファンとしてちょっと解せないシーンがあるのです。

レコード屋さんのシーンで、真行寺君枝さん演じるレコード店の女の子が

“「カリフォルニア・ガールズ」の入ったビーチ・ボーイズのLP”

と問われて、 『Beach Boys ’69 (Live In London)』(↓)



をレコード棚から探し出すのですが、あれは絶対『Summer Days (And Summer Nights!!)』(↓)



じゃなきゃ話になりませんよね。“「カリフォルニア・ガールズ」の入ったビーチ・ボーイズのLP”と言われて、『Beach Boys ’69 (Live In London)』を連想する人なんてまずいない。だいいちライヴ盤だし(笑) “「Their Hearts Were Full Of Spring」が入ったLP”なら分るけど、それはマニアだけ(笑)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。