スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベリンダ・カーライル「California」

ペット・サウンズ・レコード店さんのHPの中にある「今日のこの1曲」をいつも楽しく読んでいます。7月20日の「1曲」には前日の19日にビルボードライブ東京で行われたベリンダ・カーライルの来日公演から、「California」のことが採り上げられています。いや~、観たかったですね。

ベリンダ・カーライルの1996年発表のアルバム『A Woman & A Man』(↓)



の2曲目に収録されている「California」は、哀愁を帯びたちょっとブルージーなロック・ナンバーなのですが、アルバムではブライアン・ウィルソンがコーラスで参加しているんです。一番のサビから二番全体にかけて曲調に合わせた切なめなコーラスを付けています。なかなかいい仕事をしてます。

「California」の1番の歌詞はこんな感じ
  
日焼けサロンにいたのを覚えてる
リヴァー・フェニックスが死んだって聞いたとき
いい人ほど早死にするって言うけど
私の故郷じゃ違ってた
カリフォルニアでは・・・


この後にすぐサビが来て、ブライアンのコーラスが入ってきます。それもあって、なんとなくブライアンのことを歌ってくれているのかな?という感じがするんです。ブライアンはもちろん「いい人」だし(笑)、早死にしてもおかしくない半生だったし(でも、カリフォルニアでは「いい人」だからって早死にすることはないと) まぁ、実際にブライアンのことを歌ったのかどうかはベリンダ本人に聞いてみないと分らないですけどね。

そういえば、ベリンダといえば、1986年にハワイで催されたビーチ・ボーイズのバンド結成25周年の記念コンサートに参加してくれて「Wouldn’t It Be Nice」と「Band of Gold」を歌ってくれてますね。

 
 
(↑)ハワイでの記念コンサートの模様を収録したビデオ「25 Years Together」

鮮やかなグリーンのドレスを着てステージに登場、愛らしく「Wouldn’t It Be Nice」を歌い出すんですけど、あろうことか、歌っている最中にドレスの肩がずり下がってきちゃうんです。ドレスがずり下がる度に彼女は急いで上に戻すんですけど明らかに歌に集中出来てない(笑)

当時、ゴーゴーズを解散してソロ・デビューしたばかりのホットな存在で、そしてたまたまカリフォルニアで生まれ育った本物の“カリフォルニア・ガール”という理由だけでハワイに連れて来られて、うっかり新しいドレスを着てステージに上がってしまったためにそんな目にあってしまっている彼女がちょっと可哀想な感じなんです。

まぁ、今回のビルボードライブ東京でのステージでは着慣れない新しいドレスを着るなんていうミスはもちろんしなかったでしょうね(笑)
スポンサーサイト

Comment

California

はじめまして。Belinda検索できました。
Californiaは彼女の半生を歌った曲ですよ。日焼けサロンでR.フェニックスの訃報を聞いたんじゃないけどね。
B.ウィルソン参加の経緯は、彼がGo-Go'sのライブを見に来てくれた時に話したら即OKくれたそうです。いい人ですね、ブライアン。Belindaとても感激したと後に語ってました。彼女ビーチ・ボーイズの曲で育ったと言っても過言ではないからね。

ビーチ・ボーイズ25周年のライブビデオ面白いですね。彼女25年後にGo-Go'sやってるとは思ってもみなかったのでしょう。
そうそう、ご存知かもしれませんがブライアンのトリュビュート番組にもGo-Go's出てましたよ。名誉なことだと思います。

無料だけど…

こんにちは!私も「今日のこの一曲」よく読んでいます(エクスプローラーズ・クラブを初めて知ったのもこのコ-ナ-でした) ブライアンは、様々な歌手のセッションに参加してますね。それだけ「いい人」であり、素晴らしい才能の持ち主だからだと思います。 この間、公式サイトに「タワーレコードのフリーペーパーのbounceにBBが載っている」という記事があったので、さっそくゲットしてきました。まぁ無料だから、たいした事は載ってないだろうと思っていたのですが、ページを開いてびっくり!メンバーの紹介、カバ-曲、フォロワ-、写真など盛りだくさん!コラムには「ペットサウンズやブライアン以外のBBにも注目してほしい」と書かれており、BBに対する深い愛情を感じました(笑)普通に売られている音楽雑誌よりも、はるかに充実した内容だったので大満足でした!

カリフォルニア

yanyanさん、はじめまして。コメントどうもありがとうございます。お返事が遅れまして申し訳ありませんでした。

「California」はベリンダが自らの半生を歌った曲なのですね。そういえば、サビで“逃げ出してしまいたい、LAなんか”と歌っているように彼女はヨーロッパに移住しているようですね。ショー・ビジネスの近場で暮らすことへのストレスみたいなものがあったのでしょうか。ただ、先日の来日ライヴではもうすぐ50歳には見えないほど女性としての魅力があったとのことですのでまた来日することがあったらぜひライブに行きたいなと思います。その時も「California」を歌ってくれたら嬉しいですね。

ところで、Belinda検索でこちらに来られたとのことですが、yanyanさんはベリンダ・ファンの方ですか?ブライアンがコーラスで参加した経緯を知れて勉強になりました。またぜひcat soundsに遊びに来てください!

bounce

テルミンさん、こんにちは!お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。

タワ・レコの“bounce”、まだ店頭にあるでしょうかね(笑)明日あたりお店に行ってゲットして来ます!「ペットサウンズやブライアン以外のBBにも注目してほしい」なんてなかなか書けることではないですよね。夏で季節物だからネタにしたというような感じではないですね。興味があるのはフォロワーについてかな。実はつい先日もスペインの“Los Summers”という新人バンドを発見したばかりで(笑)ビーチ・ボーイズ直系というよりもラモーンズ経由のサーフ・パンクなんですけど私はその手のものも大好物なんです。

ペット・サウンズさんの「今日のこの1曲」の方もとても勉強になりますね!店長の森さんはオールディーズ系、東尾さんはニューウェイヴやパンクな香りがして、陽馬さんはもうホントにノー・ジャンルに古今東西のあらゆる音楽を紹介してくださって。お三方に共通するのは音楽を言葉で表現することができる力がお有りだということと、音楽への愛があるということですね。本当に見習いたいです。
非公開コメント

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。