スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Songwriters Hall Of Fame

ポールとブライアンの“共演”って…あら?実現しなかった?

…いや~、すみませんね、なんか一人で興奮しちゃってて。…うーん、いつかまた機会があるといいのですが(涙)。

今回は残念ながら実現しなかったポールとブライアンの共演ですけど、この二人といえば、ふと思い出したものがありました。2000年6月15日にニューヨークで行われた“The Songwriters Hall Of Fame”(「ソングライターの殿堂」)です。DVD「ブライアン・ウィルソン オン・ツアー」にその授与式の模様が収められていますね。



ブライアンの殿堂入りを発表をするのがポール・マッカートニーで、その際の彼のスピーチは本当に素晴らしいです。“感謝するよ、僕を泣かせた音楽の全てに…”などなど。

ポールに名前を呼ばれてブライアンがステージに上がるんですけど、若々しいポールに対してブライアンは太っててヨボヨボしてて、あまりに対照的。でも二人の天才はステージ上で抱擁し、手を取り、そして肩を組んで去って行きます。



そのシーンは、長年、ビートルズに打ち負かされ続けてきた(?)我々ビーチ・ボーイズ・ファンにとっては涙が出そうなくらい感動的。まだ映像を観たことがない方はぜひDVD「ブライアン・ウィルソン オン・ツアー」をお買い求め下さい。他にもロニー・スペクターとブライアンの楽屋裏での邂逅シーン(爆笑もの!)など、オススメ映像満載です。
スポンサーサイト

Comment

残念でしたですね。いつ出てくるのかなと思って注目していました。あんまりポールに期待しすぎました。彼はそれ程でもないのかも?

ねぇ~、残念でしたよね~。でも、想像ですけど、「She's Leaving Home」をカヴァーしたのは明らかにポールを意識してのことですし、やっぱり当初はポールが参加する計画があったのでは?と思います。今までのロンドン公演ではビートルズ・ナンバーのカヴァーは演ってないですしね。…ま、またきっと機会がありますよね!
非公開コメント

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。