スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェジタブルス

今日、8月31日は8・3・1で「やさい」と読めることから、全国青果物商業協同組合連合会など9団体により、野菜についての認識を深めてもらうことを目的として「野菜の日」に制定されているそうです。近所のスーパーでも「野菜の日」にかこつけてセール中みたいでした。

まぁ、ビーチ・ボーイズ・ファンである私が「野菜」と聞いてすぐ思い出すのは、『Smiley Smile』収録の「Vegetables」ですね。



元々は『SMiLE』用に「Vega-Tables」のタイトルで作られた曲で、1967年4月、『SMiLE』セッションの最中にブライアン宅を表敬訪問したポール・マッカートニーが野菜を齧るSEの部分にセロリ(↓)



を齧って参加したという逸話があります(残念ながら、『Smiley Smile』収録の「Vegetables」にはポールが参加した部分は使われていないのですが)。

セッションの後、ポールはスタジオのピアノで「She's Leaving Home」を弾いて聴かせ(かわりにブライアンはポールのために「Wonderful」の断片を弾いたと)、ブライアンに『SMiLE』の完成を急がせたそうです。ビートルズの『Sgt.Pepper's』の発売は2ヶ月後に迫っていて、二つのアルバムの発売が重ならないようにという配慮からだったようです。

ここら辺の逸話って、あちこちの本に書かれていてホント有名ですけど、読むたびにちょっと胸にくるんですよね。ロック史上最高のアルバムとなった『Sgt.Pepper's』とお蔵入りになった『SMiLE』、そしてビートルズとビーチ・ボーイズ、ポールとブライアンの「明と暗」、それを思ってしまうので。やっぱり私がビーチ・ボーイズの側に立っているからでしょうけど。

まぁ、でも、ブライアンは2004年に『Brian Wilson Presents SMiLE』を完成させ、過去のトラウマを抜け出して、そして1967年の『SMiLE』セッションから40年目の今年、なんと二人の天才は共演するかもしれない!と。



…まだ噂の域を出ない情報のようですが、9月10~16日にロンドンのロイヤル・フェスティヴァル・ホールにて行われるブライアン・ウィルソンの公演に、1日だけポールがステージに上がるらしいのです!(Source:ビーチボーイズが好き 貴重情報ありがとうございます!)

それがもし実現したら…二人はどんな光景を見せてくれるでしょう?楽しみですね!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。