スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パシフィック・オーシャン・ブルー

「断絶」のDVDを鑑賞。

いや~、好きな映画の第一位が「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の私が言ってもあれですが、なかなかいい映画だと思いましたよ。独特の魅力がありますね。まぁ、確かにちょっとわかりづらい部分もあるんですけど、それもまたこの映画の魅力になっているというか。あと、デニスもジェームス・テイラーも凄くかっこいいです。彼らを見るだけでもこの映画の価値があると言っていいかもしれません。



ところで、デニスの話題といえば、1977年発表の彼のソロ・アルバムのタイトルから名前が採られたPacific Ocean BlueというTシャツ・ブランドを皆さんご存知でしょうか。

ブランドのデザイナーの方はビーチ・ボーイズがとてもお好きだということです。アル・ジャーディンが着ていたTシャツのレプリカ(→Info2006 )は、ビーチ・ボーイズ・ファンなら絶対欲しくなってしまう一枚。バック・プリントの言葉もステキです。いつの日かアル・ジャーディンの来日公演なんてあったら、ぜひライヴに着て行きたいですね。

先週末、このPacific Ocean Blueのヘッド・ショップ、鎌倉の稲村ヶ崎にあるDAKOTAというお店に行ってきました。



江ノ電・稲村ヶ崎駅から徒歩0分の場所。レトロな赤い郵便ポストが目印になります。綺麗でおしゃれな店構えに一瞬身を固くしましたが、店内に入ると大好きなジャクソン・ブラウンの曲が流れていて、壁にはビーチ・ボーイズの『L.A』のアナログが飾られていたりして、穏やかなレイト70’sの雰囲気にすっぽり包まれました。

(↓)デニスくんの笑顔が可愛いエコバックを購入しました。夏が近づいたら今度はTシャツを購入しに行こうと思います。ステキなお店ですので皆さんも行ってみてください。


 
帰り道、お店を出て稲村ヶ崎駅を通り過ぎ、海沿いの国道134号線に出ると、現代のリアル・サーファーたちが海に浮かんでいるのが見えました。1983年12月28日の悲しい事故の後、時のレーガン政権の許可のもと、一般市民には禁じられている水葬によって葬られたデニスのなきがら。今もきっと海の中からビーチ・ボーイたちを見守り続けてくれているでしょう。



相模湾から吹き付けるパシフィック・オーシャンの潮風の中に、ふとデニスの声が聞こえたように思いました。

Pacific Ocean Blueさんとリンクさせていただきました。ありがとうございました!)
スポンサーサイト

Comment

>「断絶」のDVDを鑑賞

ってDVD買われたのですか?
買ったとしたら豪華版の方ですか?
もしそうだったら特典の内容はどうでした?
すみません買おうか買うまいか迷ってるもんで
もし買うとしたらせっかくなんで豪華版かなと思いますがちょっと値がはるしな・・・

>特典の内容

sugarmountainさん、こんにちは。もうちょっと後で写真付きでアップしますね。
非公開コメント

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。