スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーペンターズ「Fun Fun Fun」&「Deadman's Curve」

今日、3月2日はカーペンターズのカレンの誕生日だそうです。1950年生まれということなので、もしまだ生きていらっしゃったら今日で57歳。

自分が洋楽に目覚めた時にはもう彼女はこの世にいなかったのですが、カーペンターズは洋楽に目覚めたその時(15歳くらい)に一番よく聴いたグループ。きっかけは同じクラスの音楽好きの友達に教えてもらったのだと思います。その時ほとんど全部のアルバムを聴いたんじゃないかな。ハル・デイヴィッド/バート・バカラックやポール・ウィリアムス/ロジャ・ニコ、レオン・ラッセル、バリー/グリニッチ、キング/ゲフィンといった有名ソングライターたちの曲もオリジナルを聴く前にカーペンターズのカヴァー・ヴァージョンで先に親しみました。あと、クラトゥの「Calling Occupants」とか、ハワイのバンド、ビーマー・ブラザーズの「Honolulu City Lights」みたいな、ちょっとレアめだけどステキなポップス曲の数々を教えてくれたのもカーペンターズ、カレンの歌声です。…カレン、本当にありがとう。

ビーチ・ボーイズ、ブライアン・ウィルソンの曲もカーペンターズのカヴァー・ヴァージョンで先に聴いています。『Now & Then』に収録の「Fun Fun Fun」と「Deadman's Curve」です。



1973年リリースの名盤『Now & Then』。“若い頃よくラジオを聴きながら、好きな曲がかかるのを待ったものだった…” 名曲「Yesterday Once More」に導かれて始まるB面のオールディーズ・メドレー。その1曲目が車の爆音をイントロに入れた「Fun Fun Fun」。「Deadman's Curve」は4曲目。どちらも兄、リチャードが軽快なリードを取っています。そういえば、何年か前、リチャードが来日してTV出演した時、クラシック音楽の3大Bにちなんで自ら音楽に影響を与えた3大Bとして、ビートルズ、バート・バカラックと共にビーチ・ボーイズの名を挙げていました。このメドレー8曲の内、ブライアンの曲だけ2曲入れているあたり、影響の大きさが伺えます。きっと大好きなんだろうな、ビーチ・ボーイズ。

それにしても、リチャード。ブライアンも弟を二人亡くして大変だったけど、今では弟たちの分まで頑張っているんです。そろそろあなたも…。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『カーペンターズ』番組・メンバー・アーティスト情報

カーペンターズ8月1日、当時の大統領リチャード・ニクソンとカーペンターズ (Carpenters 定冠詞「The」をつける表記は正式なものではない) は、リチャード・カーペンター(1946年10月15日 - )とカレン・カーペンター(1950年3月2日 - 1983年2月4日)の兄妹からなるミュージ
プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。