スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上春樹が・・・

10月30日、カフカ賞を受賞した村上春樹の会見の模様(→YouTube)。

…いや~、こりゃ凄い映像ですよ。TVメディアには一切出ないということで、山下達郎と並び称される存在ですからね。意外に低い声も素敵ですね…。

村上春樹といえば、以前、村上春樹フェアも開催されていたペット・サウンズ・レコード店で買った一枚、『アメリカから届いた10のオマージュ』というCDを最近聴いております。



このCDは「中国行きのスロウ・ボート」「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」「ノルウェイの森」「三十二歳のデイトリッパー」「ダンス・ダンス・ダンス」「国境の南、太陽の西」など、村上の10の作品から各々イメージされる楽曲を選び、アレンジ・新録した村上作品へのオマージュ・アルバム。

参加ミュージシャンは、チック・コリア、マイケル・ブレッカー、ロン・カーター、デイヴィッド・ガーフィールドなどのジャズ・プレイヤーや、映画「バグダッド・カフェ」の挿入歌「コーリング・ユー」で知られるジェヴェッタ・スティールなど。心地良いジャズ・アレンジのものが多くて、深まる秋にぴったりの一枚です。

まぁ、欲を言うと、1曲くらいビーチ・ボーイズの曲を入れても良かったのに(処女作「風の歌を聴け」から近年の「海辺のカフカ」まで、村上作品とビーチ・ボーイズの音楽は切っても切れない関連性ありますよね)とか、「世界の終わりと…」からは「エンド・オブ・ザ・ワールド」より「ダニー・ボーイ」の方が良かったのにとか。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。