スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十七歳

読書週間(10/27~11/9)ですね。皆さんは本を読んでいらっしゃいますでしょうか?

最近、私がネコに邪魔されつつも読んでいるのは、ボブ・グリーンの「十七歳」という小説。

  

ボブ・グリーンは何冊かコラムを読んだことがあるのですが、「十七歳」はまだ未読でした。前々からなんとなく気にはなっていたのですが、数ヶ月前、チャーリー&ザ・ホット・ホイールズのジュンさんが
 
1964年にビーチボーイズの音楽がどう響いていたのかを
“リアル”に教えてくれる教科書だ


と書いていらっしゃってて。いや~、読まなきゃマズいと思いましたね。

ボブ・グリーンは1947年(カールの一コ下)生まれのアメリカのコラムニスト。この小説「十七歳」は、作者ボブ・グリーンが16~17歳の頃につけていた日記をもとに書き上げられたもので、アメリカでの原題は「Be True To Your School」。

今のところまだ小説の前編にあたる「1964 春」を半分ほど読んだだけですが、その当時の高校生の心情や生活感覚、また、ビーチ・ボーイズの曲名にもある「Be True To Your School」(=学校に誇りを持つ)の意味合いなど、とてもよく理解できます。あえて例えると、映画「アメリカン・グラフィティ」の主人公の、高校時代の話(もしそういうものがあればですが)、そんな捉え方もできるかなと思います。

もちろん、小説中にはビーチ・ボーイズの曲名も多く登場します。ビーチ・ボーイズ好きにはなかなか楽しい小説ですね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。