スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語でしゃべらないと

ピアノと同様に、そろそろ本腰入れて取り組まなきゃと思っているのが英語(英会話)なんです。

私の場合、本当にお恥ずかしいのですが、振り返ってみて「一番英語が出来たなぁ」というのは中学3年の頃。「出来た」といっても自分の中での話で、どちらかといえば苦手な方でした。それからもう20年近く経ってるから大部分は忘却の彼方に追いやられているし、今では小学生レヴェルの英語力しかないんじゃないでしょうか。そんな人間が英米のロック&ポップスを愛しているんですから…。

そういえば、村上春樹の小説「ノルウェイの森」で、登場人物が「仮定法の現在と過去の違いを説明できる?」みたいなセリフを話すシーンがあったと思うのですが、私は「仮定法」自体分かってません(汗)。すみません、誰か教えてください!

先ずは英語に対する苦手意識から解こうと思い、最近、出勤途中の車の中で聴いているのが『やさしいえいごのうた』というCDです。



この『やさしいえいごのうた』は、「ABCのうた」とか、「ドレミのうた」「ロンドン橋」「メリーさんのひつじ」「キラキラ星」などなど、誰もが知っている英語の童謡・トラディショナル・ソングを40曲も収録しています。

CDに合わせて歌詞を口ずさみつつ、一から英語の勉強をし直しております。

「幼稚園レヴェル」とは言わないでください。

このCDには、ビーチ・ボーイズが『Surfin' Safari』でカヴァーした「10人のインディアン(Ten Little Indians)」、「Surf's Up」の“Are you sleeping, Brother John?”の歌詞の元になった「アー・ユー・スリーピング(Are You Sleeping?)」、2005年のブライアン・ウィルソンの来日公演で、東京国際フォーラムでのみ演奏され、会場をシーンとさせた「ロウ、ロウ、ロウ・ユア・ボート(Row,Row,Row,Your Boat)」も収録。英語と共にビーチ・ボーイズの勉強もしております。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。