スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い日にはルート・ビア

一体、いつまで梅雨が続くんだろう?と思っていたら、今日(26日)は一気に夏がやって来たような暑い日でしたね。九州と四国は梅雨明けになったようです。関東地方の梅雨明けももうすぐかもしれませんね。

ところで、今日のような暑い日には、ビーチ・ボーイズ・ファンである私は冷蔵庫で冷やしたこのようなもの↓を飲んで涼をとります。



ルート・ビアです。アルバム『Surfin' Safari』収録の「Chug-A-Lug」の歌詞にこのルート・ビアが出てくるんですよね。まぁ、お世辞にも美味しい飲み物とは言えない(?)のですが、ビーチ・ボーイズの曲の歌詞に登場するのですから、ある意味「ビーチ・ボーイズの味」でしょうか。

ルート・ビアが歌詞に登場する「Chug-A-Lug」は、ブライアン・ウィルソン、マイク・ラヴ、ゲイリー・アッシャーの共作曲。歌詞を書いているのはマイク・ラヴです。

歌詞はだいたいこんな感じ

あっちでもこっちでもみんなが飲んでいる

カールは見込みがあるから焦ってる
デイヴは女を追って出て行った
デニスは服の下はどうなんだろうと思ってる

だが俺はルート・ビアのスタンドに行って
しこたま飲むのさ
ルート・ビアをくれ、ルート・ビアをくれ
冷たいやつを

ブライアンはまだラジオにしがみついている

みんなは強い酒を頼んでいるが
俺にはルート・ビアが一番だ
ルート・ビアをくれ、ルート・ビアをくれ
冷たいやつを


このマイクの歌詞はとても鋭いですよね。バンド全体を冷静に見ています。女の子に夢中のカール、デヴィッド・マークス、デニス(それぞれの描写の違いがまた面白い)。ラジオにしがみついて音楽にしか興味のないブライアン。まだ若かりし頃の、とある町のレストランでのボーイズの姿が目に浮かぶようです。また、歌詞の展開のさせ方は後の「California Girls」に通じるものがすでにあるような気もしますね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。