スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ronny & The Daytonas 『Sandy』

溜め息が出るほど素的で、宝物にしたいような一枚。ロニー&ザ・デイトナスの『Sandy』です。



ロニー&ザ・デイトナスというと、64年に全米4位まで上昇したホット・ロッド・ソング「G.T.O.」が有名ですよね。日本では独自にイントロ部分に車の爆音の効果音を入れられて「G.T.O.でぶっとばせ」のタイトルでリリースされヒットしました。

そういえば、ブライアン・ウィルソンの「On Tour」のDVDの中にブライアンがジェフリー・フォスケット、デヴィッド・リーフと一緒に「G.T.O.」を遊びで演奏して歌っているシーンが入っていて、それを見た時はちょっとびっくりしました。いや、「G.T.O.」ってブライアンの曲ではないし(ロニー&ザ・デイトナスの中心メンバー、John Wilkinの作)、ビーチ・ボーイズでもカヴァーはやってないと思うのですが。それだけ「G.T.O.」は有名な曲ということでしょうね。

『Sandy』は65年にMalaレーベルから出た彼らの2ndアルバム。典型的なホット・ロッド・ソング「G.T.O.」とは全く雰囲気の異なる、美メロと柔らかなハーモニーに溢れた作品で、まぁ、カテゴリー的には「ソフト・ロック」になるのでしょうか。なんとなく『Today』後半の影響を思わせるところもあります。ビーチ・ボーイズ・ファンの方にはオススメしたい作品です。

チャーリー&ザ・ホット・ホイールズのJunさんのブログ、Hats off!!も読んでみてください。Junさんのこの作品への熱い思いが伝わってきます。去年の8月、新宿タワ・レコで行われたチャーリー&ザ・ホット・ホイールズのインストア・ライヴでも「Sandy」をカヴァーしてました。素晴らしいカヴァーでしたね。もう一度聴いてみたい。
スポンサーサイト

Comment

G.T.O.

"G.T.O."は80年代、BBのライヴで、ジェフリーのリード・ヴォーカルで演奏されていました。
ジェフリーが90年に脱退して以後は、アルがリードを取り、91年の来日公演でも披露していました。TV放映ではカットされてしまいましたが・・・

G.T.O.

鰐部さん、こんにちは。

「G.T.O.」がビーチ・ボーイズのライヴのレパートリーだったとは驚きました。ジェフリーといえば、アルバム『Thru My Window』の中で「Sandy」もカヴァーしているので、きっとロニー&ザ・デイトナス好きなのでしょうね。「On Tour」のシーンはジェフリーのおねだりかもしれませんね。

>アルがリードを取り

『Songs From Here & Back』のアルの新曲「PT Cruiser」は「G.T.O.」に似ているなと思っていたので、こちらも「なるほど!」と思いました。ありがとうございました!
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

"sandy" / RONNY & THE DAYTONAS

結局、誘惑に勝てずにAMAZONで購入してしまいました。 1964年に全米4位の大ヒット曲「G.T.O.」(邦題:GTOでぶっとばせ)で有名なRONNY & THE DAYTONASのアルバム「sandy」を。 当然、ジャケガイノススメ企画のおかげですが、聴いてビックリ! 以前読んだソフトロッ
プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。