スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプルに暮らす人の定番ボーダー 

季節がら、バスクシャツ(ボーダー)をよく着ています。川崎・横浜東部地域では着ている男はほとんどいないのであまのじゃくな性格の僕は気分がいいです。




先日たまたまスーパーの新古本のワゴンセールで売られていた「シンプルに暮らす人の定番ボーダー」というムック
(↓)



をパラ見していたら、ボーダー愛好者の紹介のページにGOMES THE HITMANの山田稔明さんがいきなり出てきてびっくりしてしまいました。いや、単にこの本のことを知らなかっただけなのですが。


(愛猫ポッちゃんの写真も載っております↑)

山田さん、インタビューで「ボーダーの魅力とは?」と訊かれて

並列した直線に沿って気分もすっと真っ直ぐになる

とお答えになってます。いや、まったくその通りですね。

♪ありのままで~ じゃないけど、シンプルに自分らしく生きていきたいと誰でも願う。そう願っていても外に出れば外部から、家に籠っても内なる心の底から悩みの種はいくらでも出現する。僕らはそれらを抱え込む。

身に纏うものでちょっとニュートラルになりたい。うじゃっとしたカオスを整理して。

スーツやYシャツのカッチリ感は少しパスしてボーダーTシャツの柔らかな素材に包まれたい。柔らかな自分でありたい。内にも外にも。

そんな感じでしょうか。ボーダーを着るのって自己療養的?(笑) 意外に奥深いかも(笑) いや、そもそもボーダーってボートネックがあり丸首・U首があり、長袖、半袖、七分袖があり、色合い、ピッチの太さ・細さでもガラリと印象が違うし、インナーとして着るか一枚でゆったりと着るかでもサイズ選びは違ってくるしで、もともと結構奥深いファッションなのです。



(↑)吉川トリコさんの小説「オリーブ」にも、着ている人はこだわっているけど興味のない人からみると単なるシマシマの服、みたいな表現があって面白かったですね(この表紙絵のオザケン似の男が着ているのはオーシバルでしょうか、セントジェームスでしょうか)
スポンサーサイト

ザ・ペンフレンドクラブ!



最近はブログの更新をお休みさせていただいてましたけど、場当たり的な、思い付き的なツイートなどではなく、きちんと自分のホームから愛を表明しておきたいと。

久しぶりの更新でございます。

ザ・ペンフレンドクラブ。

素晴らし過ぎです。なんて愛おしいんでしょう。

大好きなビーチ・ボーイズはもちろん、僕がポップスに深くハマるきっかけとなったアンダース&ポンシアの作品を2曲もカヴァーしてくれてて。「Do I Love You」ってときどき「Be My Baby」より好きだったりする僕ですから。あのイントロのベースのライン、やっぱスペクターって天才・・・。

そして「Newyork's A Lonely Town 」。この曲を聴くと、よくライヴでカヴァーしてくれてたチャーリー&ザ・ホット・ホィールズのことを思い出しちゃって・・・(涙) バディさん、どうされていらっしゃるんでしょうか。またライヴを観てみたいなぁ・・・。

チャーリー&ザ・ホット・ホィールズがいなくなってしまってからいわゆる「ライブハウス」には足を運ばなくなってめっきり老け込んだ僕ですけど、今年の夏は彼ら、彼女らを追いかけたいな。

ザ・ペンフレンドクラブ。

2010年代から60年代への恋文たち。皆様もぜひ!
プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。