スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説に登場する“ビーチ・ボーイズ” ⑬松本隆「微熱少年」

小説に登場する“ビーチ・ボーイズ”の第13回目は作詞家・松本隆氏の「微熱少年」です。



  
「いいアルバイトがあるんだけど一緒にやるか」とぼくに聞いた

「どんな?」とぼくは聞いた。

「ビーチ・ボーイズのファン・クラブの会長を知ってるんだ。その人がラジオの電話リクエストに電話するアルバイトを探してるんだ。あまり高いギャランティーは貰えないけど、レコード会社の電話を使えるから、おもしろそうじゃないかって思ってね」と浅井は言った。


2~3週間前、達郎さんのラジオ番組「サンデー・ソングブック」の中で、山口県だかに住む14歳の少年の質問のハガキが読まれたそうです。その質問とは…

「僕はビーチ・ボーイズが好きなのですが、日本での人気の低さを嘆いています。達郎さんは原因は何だと思われますか?」

…私は人からこの話を聞いたのですが、思わず絶句してしまいました。たしかにアメリカ本国に比べれば日本でのビーチ・ボーイズの人気は低い。でも、19歳で自主制作盤「Add Some Music To Your Day」を世に出し、以降40年間も日本でビーチ・ボーイズ布教の先頭に立ってきた“教主”であられる達郎さんに向かってそんな質問を浴びせるなんて…「若気の至り」とは怖いものだなぁと(笑)

ちなみに達郎さんはその答えとして、「カラオケで一人で歌えない」「プロモーションが足りなかった」とお答えになったそうで。

「プロモーションが足りなかった」のは、60年代からずっとビーチ・ボーイズがビートルズと同じ東芝音工のレーベルメイトであったことも一つの要因なのかなぁと思います。ビーチ・ボーイズまで手が回らなかった…というか、やる必要もなかった。大人気のビートルズがいるんですから。松本隆氏の小説「微熱少年」には60年代当時のビーチ・ボーイズとビートルズの差をまざまざと感じさせる箇所が出てきます。

小説中、主人公がアルバイトでレコード会社の洋楽宣伝部からラジオ局にビーチ・ボーイズの曲を電話リクエストするという話があります。8人ものアルバイトが声色を変えて何度もラジオ局にリクエストしてもラジオのヒット・チャートのトップ10の内、5曲はビートルズの曲で占められていて、いつまでやっても順位に大きな変動は無かったと…。「なんか無駄なことをしてるような気がする」、主人公はそう呟きます。

ビーチ・ボーイズ・ファンとしては笑うしかない箇所ですけど、松本隆氏の「自伝的小説」といわれる小説ですから実際に当時松本氏が感じていた差なのかなぁと思います。

でも、「素敵じゃないか」がマンションのCMソングに使われたり、映画の主題歌(「陽だまりの彼女」)になったりする今、ビートルズとビーチ・ボーイズの人気の差はもうほとんど無くなっているんじゃないかな。少なくとも俺の中では差は無い(笑)
スポンサーサイト

小説に登場する“ビーチ・ボーイズ” ⑫越谷オサム「陽だまりの彼女」

当初は僕の担当だった観賞魚の世話は、いつのまにか真緒の役割になっていた。すっかり情が移ったようで、彼女は五匹のリョウキンに名前までつけていた。

「でね、二匹いる赤のうち、でっかいのがマイクでちっちゃいのがアル、赤白まだらの三匹はきっと兄弟だと思う。このうち二匹はデニスとカール。で、仲間から離れて一人でのっそり泳いでいるこいつが、ブライアン。五匹揃ってザ・ビーチ・ボーイズ」

白黒時代のテレビの司会者のように、真緒は広げた手で金魚を指し示した。


今、マンションのテレビCMで「素敵じゃないか」が使用され、しかもかなり頻繁にオン・エアされてビーチ・ボーイズのファンとしてはもちろんとっても嬉しいわけですけど、なんと、今年の10月に公開予定の邦画「陽だまりの彼女」にも「素敵じゃないか」がテーマ・ソングとして使用されるのが決定したそうですね。

私は不勉強なもので映画の原作となっている越谷オサム著の同名小説「陽だまりの彼女」についてはまったく知らなかったのですが、

“女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1”

の帯コピーの元、累計発行部数35万部を超えたベストセラーだそうですね。



かなり興味をそそられたので先日読んでみました。

…正直、前半は退屈というか、甘々で都合のいい展開が鼻について、「普段、あまり本を読まないタイプの高校生が夏休みの宿題の読書感想文用に軽く読むのにちょうどいいかな?」くらいな印象(笑)

でも、小説中にビーチ・ボーイズが登場してきた中盤あたりから徐々に引き込まれ、最後には不覚にも涙がこぼれてしまった。近所のスーパーの混んだ軽食コーナーの席について読んでいたのですが、泣き顔を繕うのに苦労しました(笑)

やっぱり小説にビーチ・ボーイズが出てくるのは嬉しいです。最後の最後のちょっとしたオチは笑いました。あと、「猫」が登場するのも猫好きとしては嬉しいし、去年の春、小沢健二のコンサートで訪れた「初台」という地名、新宿駅の京王線と京王新線の混同、実際に歩いたその間の連絡通路とか、結構身につまされる感じが多くて、自分とって凄くパーソナルな愛すべき作品に出合えたなぁと嬉しく思っています。

小沢健二 しか?

昨日(1月18日)、東京・武蔵小山のアーケード商店街・“パルム商店街”を歩いていたらこんなもの(↓)を見つけて思わず固まってしまった。



“健しか”… 小沢健二 しか?…小沢健二 鹿 ? 

…どうやら、「健デンタルクリニック」という歯科の店前に置かれた宣伝キャラのよう。赤い紐に結ばれてる姿がなんとも可愛い。

ドクターの方が「健」というお名前なのだろうと容易に想像が付くけど、そのドクターや、もしかしたら助手や受付の方が去年の小沢健二のコンサート“東京の街が奏でる”を観に行っていたとしても全く驚かない。

いや、そんなことを思うのは単に俺の頭の中が小沢健二のことでいっぱいなせいか?

サザン・桑田と携帯

年末、大掃除のついでにタンスを整理していたら奥からこんな物↓が出てきた。



サザンの桑田、原坊、大森、弘、ケガニ。ベースのムクちゃんは病気療養中だったせいか写っていない。今からおよそ20年前、まだまだ日本では携帯電話の黎明期、NTTドコモが出し始めた携帯“ムーバ”の販促ティッシュ。



日本中に強サザン・ファンはたくさんいるが、こんなものをまだ持っているのは俺ぐらいのものだろう。

当時、「シュラバ★ラ★バンバ」がテレビCMに使われ、サザンのメンバーも出演していた。



日本で携帯を広めたのはサザン・桑田の歌声だ。

ムーバは2012年3月に全てのサービスを停止。ただ、桑田の歌声はまた新たにスマート・フォンを広めるのに一役買っている。

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。