スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(PART1)の素晴らしさ

前回のネタの続き。

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(PART1)のどこがそんなに好きかというと、主演のマーティ役、マイケル・J・フォックスが素晴らしくて大好き!ということが大きいですね。まぁ、僕はたくさんの映画を観る方じゃないから演技や俳優についても詳しく論じたり比較したりすることは出来ないけど、マイケルはオシャレで独特のコミカルさ、ウィットがあって…子供の頃はあんな風な男になりたいって思ったくらい(笑)

昔、テレビ東京系で放送されていたアメリカのホーム・コメディ・ドラマ「ファミリー・タイズ」は毎週欠かさず観てました。また再放送しないかなぁ…。



今のマイケルは30代の若さでパーキンソン病を発症して以来闘病中なんですけど…心から応援してます!

あと、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の魅力といえば、やっぱり劇中で使われた音楽の素晴らしさですね。ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの「The Power Of Love」なんて今でも心ウキウキになっちゃいますし、タイムスリップした1955年の“魅惑の深海パーティ”で歌われた「Earth Angel」 と「Johnny B, Goode」は、…もしかしたら1985年の映画公開時にはまだ小学生だった僕はこの時この2曲で初めてドゥ・ワップとロックン・ロールの魅力に触れたのかも知れません。ああ、“魅惑の深海パーティ”に参加したいなぁ(笑)

過去と未来を行き来するタイムマシン、デロリアンもかっこよかったけど、真に過去と未来を結び付けるのは「音楽」だっていう隠れたテーマもステキでした。本当に脚本が素晴らしいですよね!

脚本といえば…映画の前半、科学者ドクはリビアの“過激派”からタイムスリップの燃料となる核をだまし取るけど、2001年のアメリカ同時多発テロ、さらにその報復として「大量破壊兵器を隠し持っている」という疑惑を理由に突入したイラク戦争を経験した今ではこんな設定では映画は撮れないですね。

さらにその過激派の報復から逃れるためにマーティがタイムスリップしたのがアメリカが一番光り輝いていた時代、1950年代というのは…9.11を経た今となってはシニカルな味わい深い映画とさえ思えませんか?
スポンサーサイト
プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。