スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桑田佳祐と小沢健二

“ロックンロール・スーパーマン”



あなたにとってのビートルズや忌野清志郎のように、僕らにとってはあなたこそが“ロックンロール・スーパーマン”



早く良くなって下さいね!



前の日記で

小沢健二のライヴ音源さえあれば他のミュージシャンの新譜CDなんていらない

なんて書きましたが、その舌の根も乾かぬうちに豹変して、先日、武蔵小山のペット・サウンズさんで6月23日に発売になったサザン・原坊の2枚組みベスト盤『ハラッド』を購入してしまいました。



まぁ、私は小学生の頃からサザン・ファンを自任する人間ですから、タイシタ・レーベルからリリースされるものはほとんど全て無意識に無条件に購入しちゃうわけです、悲しいかな。

  

(↑)原坊の着物姿、素敵ですね。1981年発表の「うさぎの唄」のシングル・ジャケット(↑)の浴衣姿以来、およそ30年ぶりの和服の披露でしょうか。

でも、こうして久しぶりに原坊のヴォーカル曲を聴いてみると凄~く懐かしいし、ホントいい曲が多い!特にこの『ハラッド』の30曲の収録曲の中で一番好きな曲はといえば、やっぱり     「いちょう並木のセレナーデ」かな。

「いちょう並木のセレナーデ」はもともと1983年リリースの原坊のソロ作『Miss YOKOHAMADULT YUKO HARA 2nd』
(↓)



の収録曲。ボブ・ディランの名盤『Blonde On Blonde』の「I Want You」からのパクリ曲ではあるのですが、桑田と原坊が通った青山学院大学・渋谷キャンパスの正門から続く“いちょう並木”がタイトルに付けられた、彼らの大学時代の想いが詰まった名曲。サザン・ファンにも人気の高い曲ですね。

後年、小沢健二がこの曲から着想を得て、自身の通った東大・本郷キャンパスにある“いちょう並木”と過ぎ去った過去の恋の想いを綴り同名異曲を発表していて、この間の「ひふみよ」ツアーでもアンコールの一曲目として演奏されました。もはや本歌取りの域を越えて、最近では原坊版より小沢健二版の「いちょう並木のセレナーデ」の方が有名な感じすらしますね(笑)

ところで、私は小沢健二はまちがいなくサザンが好きな人だと確信しています。原坊の「いちょう並木のセレナーデ」が収録されている『Miss YOKOHAMADULT YUKO HARA 2nd』にキーボードで参加している中西康晴氏はソロ・デビュー以降の小沢健二をツアーでもレコーディングでもサポートし続け、今回の「ひふみよ」ツアーでもスカパラやヒックスビルの面々と鉄壁のバンドを形成し続けているという繋がりもあるし、名曲「愛し愛されて生きるのさ」には

10年前の僕らは胸をいためて「いとしのエリー」なんて聴いてた

という歌詞があって、さらに「流星ビバップ」には

真夏の果実をもぎとるように 僕らは何度もキスをした

という歌詞があります。「いとしのエリー」も「真夏の果実」も有名なサザン・ナンバー。サウンドはあちこちから引用しまくっていたオザケンですけど、歌詞でこれだけ引用しているのはサザンだけですね。
スポンサーサイト

サッカーの話題

芸術家の日比野克彦氏が日本サッカー協会の新理事に就任ですってね!

いや~、素晴らしい人選なんじゃないでしょうか。

ブライアン・ウィルソンの「Love And Mercy」のシングル・ジャケットのイラスト
(↓)

  hibino1

を描いた、(広義での)ビーチ・ボーイズ・ファミリーの一員。愛と慈悲(Love And Mercy)を持って、日本サッカー界の発展に尽力していただけるでしょう!

トンチンカン発言を繰り返していた日本サッカー協会会長、犬飼基昭氏も辞めるし、W杯南アフリカ大会ベスト16進出以降、日本サッカー界は明るいニュースが続きますね。

ところで、サッカーといえば、1996年の秋頃、小沢健二前園真聖と一緒に雑誌の表紙を飾ったことがありました。この間、押入れの奥からその雑誌をようやく探し出しました。

  

当時仲の良かった二人。小沢は“渋谷系の王子様”から“Jポップの王子様”へと、前園はアトランタ五輪の主将として“マイアミの奇跡”を演じ、98年フランスW杯出場を目指すの日本代表のキー・プレイヤーとして、前途有望、光りに満ち溢れた二人でした。まさかすぐに二人ともそれぞれのメイン・ストリームからあっけなく消えてしまうとは…。

なぜあれほど才能のあった前園がその後ほとんど活躍出来ずに終わってしまったのか?

念願していたスペイン・リーグ移籍が「前例がない」という理由で所属していた横浜フリューゲルスにぽしゃられ、やる気を失ってしまったという話ですが、当時の前園に今の本田圭佑のようなもっと強い上昇志向があれば…と、ファンとしては今でも残念に思ってしまっています(笑)

そういえば、前園といえば、昔、中田英寿が一緒にテレビCMに出ていましたね。



ここ数年の小沢健二と中田英寿の活動は似ている部分もあるなぁと。協力して国立競技場とかでライヴ&サッカーのイベントをやったら面白そう!

ウルグアイ&アルゼンチン

W杯がいよいよ盛り上がって来てます。

ベスト8に進出したウルグアイ(↓)



とアルゼンチン(↓)



の国旗は、初期ビーチ・ボーイズのステージ衣装を連想させる私の大好きなブルーのストライプ柄なのですが、両国とも太陽のモチーフが描かれていて、ふと、クラトゥの名盤 (↓)
 


『3:47 E.S.T.』を思い出してしまいました。去年紙ジャケで再発されたみたいですね。

前にも書いたと思うけど、カーペンターズのカヴァーでも有名なクラトゥの「コーリング・オキュパンツ」って私の心のベストテンにチャート・インしている曲(第8位くらいかな・笑)


小沢健二ブーム

ライヴの感想の追記:

「戦場のボーイズ・ライフ」には鳥肌が立った

観に行った3回とも同じ

そしていつか夏のある日…

のところで。ここで会場全体の照明が明るくなって視野が開けて、ステージから客席までみんなの姿がよく見えて。そして全員が今、同じ気持ちを抱いてる、一つになっている、そんな感じがしました。



(↑)『ライフ』のバンド・スコアを15年ぶりに引っ張り出してアコギでポロンポロン弾きはじめちゃってます。いつまで続くんでしょうか(ビーチ・ボーイズ系ブログなのに)?小沢健二ブーム!

プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。