スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三枝夕夏 IN db 「CHU☆TRUE LOVE」

三枝夕夏 IN db が2010年1月のツアーをもって解散してしまうそうです(→三枝夕夏 IN db ブログ

単純にユニットの解散だろうと思ったのですが、ブログを読むと、“アーティスト活動を離れ、プライベートな時間を大切に…”と書かれているので彼女自身の活動停止(引退)なのかもしれません…うーん、ちょっと残念かも。

デビュー時、公式プロフィールに「山下達郎、ビーチ・ボーイズがフェイバリット」というようなことが書かれてあって、デビュー曲「Whenever ⅠThink Of You」(↓)

http://www.youtube.com/watch?v=t5nF14EH1TM&feature=player_profilepage

もイントロの波の音やバック・コーラスなどを含め期待十分の出来、以来、我々ビーチ・ボーイズ・ファンにとってずっと気になる女の子だった彼女。残念ながら7年間の活動中にはビーチ・ボーイズっぽさを感じる曲を歌ってくれることはなかったですけど、彼女が歌詞を書いた2003年リリースのシングル「CHU☆TRUE LOVE」(↓)



にはサビにビーチ・ボーイズの曲名、アルバム名がたくさん出て来るんです。

ときめく ハート ギュット 抱きしめてたいよ Summer days
見つめ合う瞬間感じるよ Good vibrations
涙が☆きらり キュンと 悲しい記憶よ Shut down

急スピードで君を想う気持ちが Catch a wave
臆病な自分追い越してゆくよ Smily smile
巡りゆく限りある時の中で Don't worry baby

凄くいい歌詞ですよね(笑) この他にも“Kiss me baby”や “Dance Dance Dance”、 “Endless harmony”なんかも出てきます。彼女って本当にビーチ・ボーイズが好きだったんですね。さらにこの曲、サウンドもアップ・テンポ&ダンサブルで最高!聴けば聴くほどヤミツキになる“神曲”です。

「CHU☆TRUE LOVE」(PV)
http://www.youtube.com/watch?v=TJ2Z6hjIHkg&feature=PlayList&p=AED8BA324C0D2C7C&playnext=1&playnext_from=PL&index=34

「CHU☆TRUE LOVE」(ライヴ)
http://www.youtube.com/watch?v=ALB0u0ipuok&feature=related

この曲を生で聴けるなら最期のツアーに行く価値あるかも。とりあえず、三枝夕夏さん、7年間おつかれさまでした!
スポンサーサイト

求む!『Today!』のステレオ化!

“ビートルズ 全アルバム ステレオ・リマスター化”のニュースに、それに続く“ビートルズ・ブーム”。遠巻きにその様子を拝見させていただいて、天邪鬼な私でもやっぱり「いいなぁ」と思ってしまいました。 

いや、ビートルズとビーチ・ボーイズの人気度に差があってもしょうがないとは思ってるんです。でも、今回、ビートルズ(アップル&EMI)が世間に華々しく話題を提供しながらオリジナル・アルバム全14タイトルのステレオ・リマスター化を完了したのに比べると、ビーチ・ボーイズはというと…所属会社(キャピトル)自体にやる気が見えないというか。ファンが願ってもやまない『Today!』のステレオ化への動きが未だないのです。



“『Today!』はモノで聴くべし”というはっきりとした考え・方針をキャピトルがちゃんと打ち出しているならともかく、今、彼らがやっているのはファンをイラつかせる『Today!』収録曲のステレオ・ヴァージョン「小出し」状態(笑)

① まず1998年、ビーチ・ボーイズのドキュメンタリー・フィルムのサントラとして世に出た『Endless Harmony Soundtrack』(↓)に「Kiss Me, Baby」のステレオが初登場。



② 2003年、ベスト『Sounds Of Summer』(↓)に「Dance, Dance, Dance」のステレオが初登場。



③ 2007年、ベスト『The Warmth Of The Sun』(↓)に「Please Let Me Wonder」のステレオが初登場。この盤には①の「Kiss Me, Baby」も収録。



④ 2008年、ボックス『U.S. Singles Collection』(↓)に「When I Grow Up (To Be A Man)」と「She Knows Me Too Well」のステレオが初登場。このボックスには①②③の「Kiss Me, Baby」「Dance, Dance, Dance」「Please Let Me Wonder」も収録。



⑤ 今年、2009年、ベスト『Summer Love Songs』(↓)に「Good To My Baby」と「I'm So Young」のステレオが初登場。この盤には①の「Kiss Me, Baby」も収録、さらに、なんと③とはエンディングが異なる別ヴァージョンの「Please Let Me Wonder」のステレオが初登場(オイオイ)



今後もこんな調子でベスト盤にオマケのように『Today!』収録曲のステレオ・ヴァージョンが収録され続けていくのでしょうか(笑) ファンが望んでいるのは『Today!』全体の完全ステレオ化なんですけど。

『Today !』が好き!

俺ほど『Today!』を愛している奴はいない。



…すみません、初っ端からVVVフェンロ/日本代表の本田圭佑なみのビック・マウスをかましてしまいました(笑)

いや~、前回の日記に書いたとおり私は天邪鬼な人間ですよ。別に固いポリシーに基づいてるわけではないんですが、世間様で盛り上がってる物や事象に対して興味を持てず、逆に否定的な態度に出てしまうことが多いです。他人からすれば扱いづらい人間、友達少ないですよ…。

でもね、人でも物でも一度好きになったらトコトン大好きになるタイプ。世界で一番好きになりたいみたいな。

で、『Today!』、大好きです。本当に“俺ほど『Today!』を愛している奴はいない”と宣言したいくらいなのですが、萩原健太さんが「無人島レコード」(↓)



の中で、無人島に1枚だけCD・レコード類を持っていくなら

男なら即答だ。『ビーチ・ボーイズ・トゥデイ!』。

と答えていらっしゃってて、さすが我が音楽の師匠だなぁと。私は5枚なら絶対入れるけど1枚だけで今のところ『Today!』を選ぶとは断言できません。まぁ、ですから、健太さんの次の

世界で2番目の『Today!』ファン。

ということで。



『Today!』コレクターのとらじろうです。アナログは持ってません。まだまだどうこう言えるレベルじゃないんですが、『Pet Sounds』じゃなく『Today!』をコレクトするあたり、天邪鬼でしょ?(笑)

U.S. Singles Collection

天邪鬼なんですよ、私は。…突然ですけど。

この疎ましい性格のせいで損をしたり、他人から変な誤解をされたりすることも多々あるわけですけど、今さら性格を直そうとしても直らないでしょうし(笑)、それに「人と違う」ことが嬉しいという、そんな変な自分が結局のところ大好きなんですよね。

先の衆院選でも世間様の流れに逆らって民主党には投票しなかった(4年前の小泉郵政選挙の時は逆に自民党には投票しなかった)とらじろうですけど、今、夢中で聴いているものといえば(↓)



ビーチ・ボーイズのCD16枚組のボックス・セット『U.S. Singles Collection』です!発売から1年以上も経ってようやく手に入れましたよ!

いや~、ビートルズのステレオ&モノのリマスター・ボックスの話題で盛り上がってる音楽業界じゃないですか。「国営放送」NHKが複数回の特番を組んだりしている様子を見たりして、あらためてビートルズの存在の大きさ(東芝EMIの力の大きさではないでしょ?)を感じたりもしたわけです。…が、ほら、私は天邪鬼だから(笑)。そんな昨今だからこそ私はやっぱりビーチ・ボーイズかなぁと。夏が終わってもね。



ヨダレ付けちゃダメ!

この『U.S. Singles Collection』のボックスの中でも今、集中的にリピートさせて聴いているのが、Disc9(↓)の4曲目。



アルバム『Today !』に収録されているバラード曲 、

「She Knows Me Too Well」のステレオ・ヴァージョン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!です。

いや~、「She Knows Me Too Well」って、私ムチャクチャ大好きな曲なんですけど、『Today !』B面のバラード・サイドの3傑作曲(「Please Let Me Wonder」「Kiss Me Baby」「She Knows Me Too Well」)の中で、これまで「She Knows Me Too Well」だけがステレオ・ヴァージョンがなかったのです。『U.S. Singles Collection』のボックスを買う一番の目的だったといっても過言ではありません。

このステレオ・ヴァージョンの「She Knows Me Too Well」、奥行きのあるクリアなサウンドが本当に素晴らしく、皆様にもぜひ聴かせてあげたいくらいですが(笑)、かといって今まで聴いてきたモノ・ヴァージョンの良さが霞むかというとそうじゃないんです。今回のは別物ですね。ブライアンが『Today !』をモノでリリースした意図はまちがいなくあるわけだし、「She Knows Me Too Well」はその意図が一番美しく出てたトラックなんじゃないかなぁと、今回のステレオ・ヴァージョンを聴いてあらためて思ったしだいです。
プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。