スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いとしのエリー

ドラムはハル・ブレイン。…なんといっても俺の音楽的背景には『BE MY BABY』が刷り込まれてるからね。                  
           桑田佳祐 著 「素敵な夢を叶えましょう」~ “理想のバンドをつくるなら” より

ちょっと前のニュースですが…エリー・グリニッチさんがお亡くなりになられたんだそうですね。

いや~、私なんかは彼女の作品をつぶさに追いかけるような立派なオールディーズ・ファンではなかったですけど、でも、ロネッツやクリスタルズの音楽にはいつだって胸をときめかせてもらってましたし、「I Can Hear Music」をカヴァーしたビーチ・ボーイズのファンとしても、また、桑田以上に「Be My Baby」が刷り込まれているであろう、ブライアン・ウィルソンの大ファンとしても、エリーさんの死は本当に悲しく思います。マイク・ラヴより1歳年上、ブライアンより2歳年上ですからまだまだ若いですもん…。心よりご冥福をお祈り申しあげます。



ところで、ブライアンはエリーさんが書いたロネッツの名曲「Be My Baby」を大のお気に入りナンバーにしていることは有名ですよね。1963年に車で走行中にカー・ラジオで初めて耳にし、すぐに路肩に車を寄せて聴き入ったとか(笑)、すぐにレコードを10枚も買ったとか(笑)、昔住んでいた家には全曲「Be My Baby」だけのジューク・ボックスがあったとか(笑)、カーニーが小さな頃、朝起きるとブライアン「Be My Baby」をかけて、そればかり聴いてたとか(笑)、かなり壮絶な(笑)逸話が多々あります。

それらブライアンと「Be My Baby」を巡るストーリーの中でも、“「Be My Baby」がビーチ・ボーイズの「Don't Worry Baby」を生み出した”という事実が一番興味深く、そして美しい話なんだと思います。ブライアンは自分が大好きな「Be My Baby」を越えたくて「Don't Worry Baby」を書いたんですよね。

健太さんは

「Don't Worry Baby」は「Be My Baby」を越えた

と仰ってるし、

杉真理さんは両曲を比べて

僕は「Don't Worry Baby」の方が好き

と仰っていました。

でも結局、ブライアンは

「Don't Worry Baby」は「Be My Baby」を越えることは出来なかった

とインタビューで答えてます。

どちらがよりいい名曲なのか?そんなことを問うてももちろん答えは出ません。どちらも名曲、としかいいようがありません。私的にはこの「Be My Baby」から「Don't Worry Baby」へと続いたその連鎖がまるでアンサー・ソングのようで素敵だなぁと思うのです。

そして60年代から遠く離れ、21世紀に入って10年近くも経とうとしている今でも、「Be My Baby」→「Don't Worry Baby」→の連鎖が続いているという。去年、2008年にリリースされたエクスプローラーズ・クラブのデビュー・アルバム『Freedom Wind』(↓)



に1曲目に収録されている「Forever」。



「Be My Baby」の有名なイントロのドラム・パターンからスタートして、ビーチ・ボーイズっぽい美しいメロディとハーモニーが続き、間奏は「Don't Worry Baby」っぽい(笑) もし自分に音楽のスキルがあったらやっぱりこういう曲を作って歌いたいな。「Cat Baby」とかいうタイトルで(笑)
スポンサーサイト
プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。