スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

When I Grow Up (To Be A Man)

日本を代表する男性アイドル・グループのメンバーが起こした事件の話題で賑わってますね。

まぁ、私も浴びるほど酒を飲んでウサを晴らしたい、という気持ちになる時がありますけど、次の日の仕事のことを考えるとやっぱり出来ないです。二日酔い状態で務まるような楽な仕事ではないので、発泡酒を(最近ではさらにお安い「第3のビール」を)350ml缶一本だけ飲んで気分を紛らわせて早々寝てしまう感じですね。

その点、アイドルは二日酔いでも仕事は大丈夫なのかな?

…ところで、「男性アイドル・グループ」といえば、アメリカではバック・ストリート・ボーイズを思い出します。彼らはライヴでビーチ・ボーイズの「When I Grow Up (To Be A Man)」をカヴァーしてくれているんですよね。



僕が大人になった時
若い頃に夢中になった同じものに
興味を持っているだろうか
過去を振り返り
あんな事をしなければよかったと言うだろうか


このライヴ動画は2005年2月11日(グラミー賞授賞式の前々日)、その年の「Musicares Person Of The Year」に選ばれたブライアン・ウィルソンを祝しロサンゼルスで行われたライブ・イベントからの模様なのですが、本当に素晴らしい歌声ですね!バックスのヴォーカル・グループとしての真の実力が判ります。日本の男性アイドル・グループとは大違いです(笑)
スポンサーサイト

That Lucky Old Sun

私は何度も何度もその果実を鼻に持って行っては嗅いでみた。それの産地だというカリフォルニヤが想像に上がって来る。 (梶井基次郎 「檸檬」)

いや~、思わず梶井基次郎を引用してしまいましたが、実は私も今、梶井の小説の主人公と同じように、果実の匂いを嗅いでカリフォルニアのことを思っているのです。檸檬(レモン)ではなく、スーパーで買ったカリフォルニア産ネーブル・オレンジ
(↓)ですけど(笑)



昨日4/14は「オレンジ・デー」だったからかもしれませんが、普段より安い値段だったので1個だけ買っちゃいました。でもすぐに食べたりしません。ブライアン・ウィルソンの『That Lucky Old Sun』のジャケ
(↓)



に描かれた果物ですから、アルバムを聴きつつ眺めたり、匂いを嗅いだり、もったいぶって楽しんでおります。まさに“That Lucky Old Sun” が育んだ果物です。  

ところで皆さん、『That Lucky Old Sun』のジャケの中央に、このオレンジに囲まれるように描かれている花を御存知でしょうか。



(↑)「カリフォルニア・ポピー」(California poppy)という花です。 1ヶ月近く前に「スーパービバホーム」で見つけて買って来ました。今、うちのベランダで超満開です(笑)

北米原産で、花言葉は“私の希望を叶えて下さい”だそうです。ブライアンにぴったり(笑) そして、この春から新しい環境で新たなスタートをきられた皆さんにもぴったりですね。



そういえば、「That Lucky Old Sun」 DVD
(↓)



のドキュメンタリーの冒頭、ディノ・デシ&ビリーのビリー・ヒンチが

ウィルソン家がLAに住んでなかったら
カリフォルニアにアイデンティティーはなかった


なんて述べてますが、カリフォルニア州の「州花」にもなっているこのカリフォルニア・ポピー、私の気持ちとしては、cat soundsをいつも読んで下さっている皆さんに一輪ずつ手折ってプレゼントしたいくらいです。ブライアンに代わって、“カリフォルニア”をあなたに(笑)

金曜ロードショー

毎週金曜日、日テレ系で夜9時から放送されている「金曜ロードショー」で、今週(4/10)はトム・クルーズ主演、スティーブン・スピルバーグ監督の「宇宙戦争」が放送されるようです。

番組のHPはこちら→ http://www.ntv.co.jp/kinro/index.html

ノーカット放送ということですので、トム・クルーズがビーチ・ボーイズの曲を口ずさむシーンも出てくるかもしれません。

定額給付金の使い道は?

皆さんは定額給付金は何に使われますか?

「しっかり貯金する」という節約・倹約志向の方もいらっしゃると思いますが、まぁ、「景気刺激」が目的ですから、ここはもう、ぱーっと(笑)、使っちゃったほうがいいんじゃないでしょうか(笑)

自治体によっては既に給付が始まっているようですが、私の住んでいる所は5月中旬以降にずれ込む様子。でも支給される12000円を使って「何を買おうか」、もう今から悩んでいるんです。案は3つ。

まず第1の案はこちら(↓)



ブライアン・ウィルソンのフィギュアです。

こちらのサイト(→http://www.pgs.ne.jp/asp/catalog/fashion.asp?whatID=62494で販売されている価格がちょうど12000円!

いや~、実は、より値の張るブライアンのサイン入り限定ヴァージョンのフィギュア
(↓)



を持ってるんですけど、さらにもう一体欲しいのは、服をオリジナルで作って(青白ストライプのシャツを着せたりして)「着せ替え人形」にして楽しみたいなぁと思ってるからなんです!価格的にちょうどいいのでかなりの有力候補です。

第2の案はこちら(↓)



去年の夏に出たビーチ・ボーイズ『USシングル・コレクション 1962-65』 の ボックスです。

“毎日がビーチ・ボーイズ祭り”のブロガーでありながら、…すみません、まだ未購入なんです。未発表ヴァージョン曲も収録されてるんですから買う価値は絶対あるんですけど、2万円という価格が万年金欠のとらじろうには重くて。今回支給される12000円を補助的に使って購入するのも手かなと。限定ものだから品切れになってからじゃ遅いしね。

第3の案はこちら(↓)



去年の12月に出たモータウンの50周年記念のボックス『The Complete No. 1's』です。

実はここ数ヶ月、個人的に大モータウン・ブームなんです。どれくらいブームかというと、先日、街を歩いていたら、モス・バーガーがあって、ふと見上げた看板のマークが
(↓)



モータウンのロゴ
(↓)



に見えちゃった!(ネタじゃなく本当に見えた!うん、確かに…)

どっぷりモータウンに浸りたい!ということである程度曲数の入ったベスト盤を探しているんですが、どうせなら50周年記念のこのボックスにしたいなぁと思っているんです。200曲も入ってるし、価格も約14000円でちょうどいい感じ。これも限定ものだから「買うなら今」なんですよね~。

…うーん、迷う!全部欲しい!皆さんならこの中でどれを買いますか?

Good Timin'

来週の火曜日(2009年4月7日)はアニメ「機動戦士ガンダム」の初放送(1979年4月7日)からちょうど30年目にあたるんですってね。

いや~、私の少年期(特に小学校3~4年生時)は初代ガンダムの大ブームで、私もご他聞にもれずガンプラを作ったり、駄菓子屋でガンダムのシールを買ってコレクションしたり、かなりハマッていました。映画版「ガンダム」の主題歌「めぐりあい」は私の「心のベストテン」最上位の曲だし、その作曲&歌唱の井上大輔さんは、ブル・コメはもちろんシャネルズについてもまだ良く知らなかった頃から私にとってすでに偉大なコンポーザーでした。



今はポップス・ファンの私ですけど、ガンダムの世界を振り返ってみると、そのテーマである「人類の革新」は「ポップ・ミュージックの革新」で、登場人物のアムロ・レイ、シャア・アズナブル、ララア・スンの三角関係はブライアン・ウィルソン、フィル・スペクター、ロニー・スペクターの関係に近いなぁなどと思っています(アホ)



30周年といえば…今年はビーチ・ボーイズのアルバム『L.A.(Light Album)』のリリースからちょうど30年目ですね。



このアルバム、以前はマイクの「スマハマ」と(やらないほうが良かった)ディスコ・ヴァージョンの「Here Comes The Night」の印象ばかりが強かったんですけど、あらためて聴き返してみると、アル・ジャーディンが当時の奥様に捧げた「Lady Lynda」とか、デニスが3番目の奥様カレン・ラムに捧げた「Baby Blue」とか、さらにクリスティン・マクヴィとの逢瀬によって生まれた「Love Surrounds Me」とか、「愛」によって生まれた名曲が多いなぁと。「愛のアルバム」と言っていい側面もあるんじゃないですか?(笑) 

まぁ、各メンバーがソロ曲を持ち寄ってなんとか作り上げたアルバムなので統一感は全く無いんですけど、カールの歌う「Full Sail」や「Goin' South」も落ち着きのある良曲だし、あと、何といっても1曲目に収録の「Good Timin'」ね!

2005年1~2月に行われたブライアン・ウィルソン“スマイル・ツアー”の来日公演でも演奏されて、あらためて「いい曲だなぁ」と思ったんですが、しかもブライアンのリード・ヴォーカルだなんて、「俺って結構“Good Timin'”な人生なんだ」と思ったりもしました(笑)

そういえば、「Good Timin'」といえば、日本のバンドHOT KUMAがレパートリーにしてくれています。 



私は2008年11月、武蔵小山ペット・サウンズの地下にあるライヴ・イベント・カフェ“Again”で行われた「STEVIE HEGER with Luana Pedota and HOT KUMA」のイベントで初めて彼らを聴いたのですが、素晴らしいの一言!

4人組のバンドは星の数ほどあれど、あれだけの演奏とヴォーカルのスキル、そして素晴らしい人柄を持ったメンバーが集い、長く活動を続けられるなんて、もしかしたらBIGやロト6に当たる以上に難しい確立かもしれません。

明日(4/5)、東京・初台のDOORSで行われる「STEVIE HEGER LIVE IN JAPAN SPRING TOUR 2009」のイベントに彼らが出演するのでお暇な方は是非!彼らに出会えるのは間違いなく“Good Timin'”ですよ(笑)!
プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。