スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヴァース・クオモfromウィーザー「Don't Worry Baby」

新年初のお買い物は1月14日(水)に発売されたウィーザーのフロントマン、リヴァース・クオモのデモ音源集第二弾『AloneⅡ』(国内盤)です。



購入のきっかけは「Don't Worry Baby」のカヴァーが収録されていたから(笑)なのですが、輸入盤よりも値が張る日本盤の方を購入して良かったなぁと思います。リヴァース・クオモ自身による長文の自叙伝的ライナー・ノートがきっちり対訳されていて、それは次の文章から始まっていました。

1993年、初めてブライアン・ウィルソンの自伝『Wouldn't It Be Nice』を読んだ時、僕は筆者の自信喪失ぶりや創作における苦しみ、そして音楽に対する熱意に強い共感を覚えた。

「Don't Worry Baby」については

華々しく、オペラチックで、ドラマティックでロマンティック
これこそまさに自分がずっと書きたかったメロディ…


彼ってきっとナイーブな人で、そして音楽に対しては物凄くピュアなんでしょうね。好きなものは好きでいいんだっていう(BOAの「メリクリ」をカヴァーしちゃうとことかも) 「Don't Worry Baby」のカヴァーもやや荒削りながら好き好き感はしっかり伝わってくるし、いや~、今更ながら彼を大応援したくなりました(笑)
スポンサーサイト

不況を考える

年末年始、「派遣切り」や「日比谷派遣村」のニュースがとても多かったですね。世界的な経済不況は確実に私たちの周りにも及んでいるようです。私の会社では今にも過去にも「リストラ」ってないんですが、最近の業績から考えればいつそれが始まってもおかしくないし、そもそも会社自体だってこのままの状態が何年も続けば存続は危うくなるかもしれません。うーん、怖いですね。

聞くところによると、現在のこの経済状況も元はといえばアメリカのサブプライムローン問題に端を発した金融の破綻が原因だそうです。なんだ、やっぱりアメリカが悪いんだ…実は昨年の秋以降、アメリカの経済の悪化(?)について個人的に(ビーチ・ボーイズ・ファンとして)色々と思い当たるふしがあったのです。

私はよくアメリカからCDやレコード、Tシャツなどをネットを介し通販で買うのですが、昨年の秋頃からお金を振り込んでも商品を送ってこないことが多発しています。

まずはこちらのサイト→ http://www.markylennon.com/pages/t-shirts.asp?tshirt=venice で販売されているロンT。デニス・ウィルソンが生前よく着ていた“Venice”の文字が入ったTシャツ(↓)



と同じデザインのロンTを、私は昨年の9月上旬にPayPalを通じてお金を振り込んで注文しました。秋はジージャンをよく着るので、その下に着るカットソーとして考えていたのですが…待てど暮らせど4ヶ月も

商品を送ってきません。

苦情のメールを送っても返事なし。お金だけ取られてしまっている状態です。いい加減なところはデニスらしいといえばらしいですけど、金返せー!

さらにこちらのサイト→ http://www.maureenlove.com/index.htm で販売されているCD。



ビーチ・ボーイズの名曲「In My Room」のイントロでハープを弾いているマイク・ラヴの妹モーリーン。プロのハーピスト(兼フォトグラファー)となった彼女が1996年に出したアルバム『Romantic Love』を、私は昨年8月下旬にやはりPayPalを通じてお金を振り込んで注文したのですが、

送ってきません!!!

こちらもお金だけ取られている状態。そんな妹に育てた憶えはないぞ、モーリーン!

AmazonやeBayみたいな大手は問題ないでしょうけど、零細なところは手を出さない方がいいですね…
プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。