スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャールズ・マンソン『Live At San Quentin』

先日、武蔵小山のペット・サウンズでモッカーズと一緒に買ったのがチャールズ・マンソンの『Live At San Quentin』という作品。



San Quentinというのはジョニー・キャッシュのライヴ作品でも知られるカリフォルニアのサン・クエンティン刑務所のこと。チャールズ・マンソンは1969年のシャロン・テート事件の首謀者として現在も終身の刑に服しているのですが、この作品は1983年にその刑務所内で録音された弾き語りのライヴ作品。

うーん、いくら『Pet Sounds』似のジャケとはいえ、この作品を採り上げるのは、もしかしたらcat soundsを読んでいただいている(数少ない貴重な)読者の皆様の中には気分を害される方もいらっしゃるかもしれません。音楽的に聴くに値する内容があるならともかく(そうではないと思うし)、残忍な事件が多発する昨今に悪名高いカルト教団のリーダー、殺人首謀者の作品なんてね。

でも、個人的にはこの作品はチャールズ・マンソンやシャロン・テート事件についてもう一度調べてみるいい機会を与えてくれました。実際にはシャロン・テートとロマン・ポランスキーの夫妻を狙ったのではなく、ビーチ・ボーイズとも関わりの深いテリー・メルチャー宅を狙った(たまたまその時に家を借りていた夫妻が被害に遭った)ということを知ると、後のテリー・メルチャーの作品「Getcha Back」も「Kokomo」も単なるポップ・ソング以上の重みを持って胸に迫って来ます。悲しい犠牲があってそれらの曲は生まれ得ることが出来たともいえますから。

あと、ビーチ・ボーイズの『20/20』に収録されている「Never Learn Not To Love」の元歌、マンソンの「Cease To Exist」(マンソンのアルバム『Lie』収録)も聴いてみました。デニスが歌詞を書き換えて流用したことにマンソンが腹を立て報復を誓ったということですが、全く別曲のように聴こえますね。ただ、元歌のことを知って『20/20』を聴くと、「Never Learn Not To Love」から「Our Prayer」の流れはちょっとゾッとするものがあります。



「Never Learn Not To Love」の元歌「Cease To Exist」収録の『Lie』
スポンサーサイト

MOJO Presents In My Room

MOJOの2007年1月号に「MOJO Presents In My Room」というCDがオマケで付いていると伺ったので、あちこちのCD屋・本屋を探し回ってようやくゲットしてきました。



いや~、結構、大変でしたね。というのも、今、店頭に並んでいるのはもう2月号なんです。バックナンバーを揃えているお店が全くなくて。あと、MOJO自体置いてないとか。相方にも探すのを協力してもらったのですが、ある書店で「MOJO(モジョ)ありますか?」と訊いたところ、アイドル誌の「Myojo」(ミョウジョウ…昔は漢字で「明星」でしたね)を出されたと(…お手数掛けました)。

  

このオマケCD「MOJO Presents In My Room」は全15曲収録。ジャケに“FEATURING RERA BEACH BOYS TRACK!”と書いてあるのですが、これは去年出た『Pet Sounds』40周年記念盤のボートラの「Hang On To Your Ego」(歌い出しのフレーズ後に唇を「ブルル…」とさせるやつ)のこと。残りの14曲はビーチ・ボーイズ・フォロワー達のオリジナル曲と様々なアーティストによるビーチ・ボーイズ・カヴァーが半分(7曲)ずつ。

The Who   Barbara Ann   
The Beach Boys   Hang On To Your Ego
Curt Boettcher   It's A Sad World
The High Llamas    Leaf And Lime
The Superimposers   Would It Be Possible
Steve Almaas & Ali Smith   The Lonely Sea
Jan & Dean   Like A Summer Rain
Epicycle   Wake The World
Doleful Lions   H.E.L.P. Is On The Way
Apples In Stereo   Submarine Dream
The Mockers   God Only Knows
Elf Power   All The World Is Waiting
Mark Wirtz Orchestra & Chorus   I Can Hear Music
The Langley Schools Project   In My Room
The Barracudas   His Last Summer

どの曲も心地良く聴けるものばかりです。特にオススメは現ブライアン・ウィルソン・バンドのドラマー、ネルソン(Nelson Bragg)が在籍するモッカーズ(The Mockers)の「God Only Knows」(11曲目)。ついこの間、武蔵小山のペット・サウンズで音を聴かせていただいて、ギターで始まるイントロだけでしびれてしまいました。パワー・ポップ調のナイス・カヴァーです。



The Mockers 『The Lonesome Death Of Electric Campfire』
ボーナス・ディスクに「God Only Knows」のカヴァーを収録。

Back To MONO

先日、中野のブロードウェイ近くにある雑貨&インテリアのセレクトショップ、Back To MONOさんに行って来ました。



フィル・スペクターの座右の銘から名前が付けられたこのお店、以前にも何度かオジャマしたことがあるのですが、おしゃれで可愛らしくて、さらにちょっぴり独特なセンスのある雑貨・インテリアを色々と取り揃えています。お値段もリーズナブルなものが多いですよ。小さなお店ですが、とってもステキで居心地がいいお店ですので、中野に行かれた際にはオススメです。

…で、何を買ったかというと、



キリンです(低い声)。

実はこのキリンさん、以前、お店に行った時に見つけて、いつか買おうと目を付けていたのです。で、このキリンさんをこうすると(↓)、

    

およそ40年前のサンディエゴ動物園での一コマが部屋の中で再現できるでしょ?おそらく世界初の「Pet Sounds」のジオラマですよ(…ブラ様、デカ過ぎ!)

…ところで、「Back To MONO」と「Pet Sounds」からふと思い出したのですが、以前、ブライアンがどこかのインタヴューで、

「Pet Sounds」のPとSには、フィル・スペクター(Phil Spector)の意味がある。

みたいなことを語っていたと思うのですが、本当に昔からそう思っていたのでしょうか?それとも最近になってからの後付けでしょうか?

(Back To MONOさんとリンクさせていただきました。ありがとうございました!)

ブライアン・ウィルソン(フィギュア)来日!

つ、ついに!我が家にやって来ましたよ、ブラ様の“1966 Limited Edition Doll”!!

  

(↓)サイン入り(Autographed Edition)なんです!到着までかなり時間が(一ヶ月以上)かかったのはブラ様が丁寧に心を込めてサインをしていらっしゃるからですね(たぶん)。相変わらずの力強い字体です。

  

(↓)飾る場所は相方が「我が家の神棚ね」と言うCD棚の上のスペース。川崎のゲーセンで保護したタツローさん(スヌーピー)の隣に決定。



  

我が家の御神体です。

CALIFORNIA SUN !!

2007年の初ライヴは1/6(土)、新宿CLUB DOCTORでの『RAT HOLIC presents 「 CALIFORNIA SUN !!」Vol.2』。今回、CHARLIE & THE HOT WHEELSは全曲60'sサーフィン&ホット・ロッドのカヴァーで出演。



いや~、もう1曲目のブライアン・ウィルソン・ナンバー「I Do」から大興奮で。その後もゲイリー・アッシャー&ロジャー・クリスチャンの「Hot Rod High」、スローン&バリの「Anywhere The Girls Are」「Tell' Em Ⅰ'm Surfin'」「Summer Means Fun」、ビーチ・ボーイズ・コーナーとして「409」「Little Honda」の2曲、ロニー&ザ・デイトナス「Sandy」、トレイドウインズ「New York's A Lonely Town」などなど、次から次に放たれる怒涛のサーフィン&ホット・ロッド・ナンバーの数々に汗べっとりで大熱狂。The PebblesからETSUKOさん迎えてのアネット「Monkey's Uncle」もステキでしたね。“ハニーズ”も可愛らしかったなぁ。

あぁ、もうーっ、本当にカッコいいよ、HOT WHEELSは!

ビーチ・ボーイズに代表されるようなサーフィン&ホット・ロッド物のカヴァーを演ったり、自らのオリジナル曲にそのサウンド・スタイルを取り入れたりするミュージシャンは他にもいる。…でも、言っちゃ悪いけど、上っ面をなぞっているだけ、器用に似せただけ、そんなものばかりでしょ?聴いても何も感じない。

今回、 DOCTORに入った時に頂いた冊子のインタビューで、バディさんが

俺達聴いたから、南カリフォルニアに行きたくなるっていう

と仰っていますが、HOT WHEELSを聴いていると17歳の少年に戻った感じで「カーッと」熱くなる。胸が「ドキドキ」して居ても立ってもいられなくなる。サウンドの中にあるPUNKの部分がそうさせるんですね。そしてありがちな懐古趣味に陥らず、自らの周りを60年代の南カリフォルニアのような空間に変えちゃう。そういうマジックがある。マジに。とにかく、彼らほどサーフィン&ホット・ロッドの“熱さ”を力強く表現している人達はいないです。

あと…ふと思ったんだけど、我々が憧れている往年のサーフィン&ホット・ロッドのグループって、極一部を除き、実はプロデューサーとスタジオ・ミュージシャンによって作り上げられた実体のない「でっちあげ」だったりすることがある。でも…HOT WHEELSには実体がある。ホンモノだ。演奏もコーラスも曲書きも3人によって行われ、ライヴでも彼らの音楽は瑞々しくダイレクトにハートに伝わってくる。これは実はかなり凄いこと。こんないいバンドを生で観ることが出来て、俺って本当にラッキーだと思う。



今後のカヴァーで、もしリクエストさせていただけるとしたら、リップ・コーズなんかが演っているボビー・ダーリン&テリー・メルチャー作の「Hot Rod U.S.A.」が聴きたいかなぁ。HOT WHEELSに合っている感じがしないですか?

ロデオの恋人

今年の目標の一つが「ダイエット」なんです。

まぁ、どちらかといえば痩せている方だと思いますが、30歳を過ぎた頃から腹回りにゴムのような肉が付き始めちゃって。今のところ特に目立って腹が出てるわけじゃないけど、ここら辺でちょっと締めておこうと。毎年、暮れから正月の休みはビール三昧ですけど、今回の休みは350mlのを2缶だけにしておきました(俺としてはかなり少ないです)。

あと…乗ってます、ロデオボーイ (笑)。



実は相方が購入した物なんですが、「かなり効果ある」というので、たまに借りてます。床に足が着かないように乗り続けるのは結構キツイです。間違いなく効果ありますね。

いつもステレオでBGMをかけて乗るのですが、今日は“ロデオ”繋がりでバーズの「ロデオの恋人」。Produced by ゲイリー・アッシャーね。





(↑)ビーチ・ボーイズ好きとしてはサーフボーイも興味あり。

あけましておめでとうございます

皆様、あけましておめでとうございます。今年も皆様方とビーチ・ボーイズにいいことがありますように!



(↑)ビーチ・ボーイズはバンド結成46年目。できれば全員そろって来日して下さい!

新年早々いいニュース!マーセラさんから教えていただいたのですが、生産中止になっていたDVD『Musicares: A Tribute to Brian Wilson』の発売が決まったようです(→Yahoo!ニュース、→CDJournal.com-ニュース) 日本盤の発売予定日は2月21日だそうです。幸先いいですね!




今年の目標:
ピアノを頑張る
もっともっとビーチ・ボーイズ、サーフィン&ホット・ロッドを世間に広める
ダイエット 
プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。