スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルー・コメッツ「ヘルプ・ミー・ロンダ」

米タワー・レコードが経営破たんしたそうですね。インターネットによる音楽配信の台頭によりCD販売が低迷していた、ということです。

近頃、日本でもネット配信の普及が原因か知りませんが、お店を畳んでしまうCD・レコード屋さんが増えていると聞きます。ふと、気になって、自分が子供の頃に初めてレコードを買ったお店が残っているか調べてみました…いや~、まだあるようなのでホッとしましたよ(良かった、小岩の音曲堂さん!)。

私が初めてレコードを買ったのは小学校3年のとき。当時、大ブームだったアニメ「ガンダム」の映画の主題歌「めぐりあい」のシングル・レコードです。作曲・歌唱は井上大輔さん。何度も何度も聴いたのでキズだらけになっていますが、まだ大切に持っています。



当時の私にとって井上大輔さんはアイドルでしたね。「めぐりあい」がヒットして「トップテン」にテレビ出演されたときは食い入るように見ていました。もちろん、60年代のブルー・コメッツ時代のご活躍のことや、コンポーザーとしての偉大な足跡についてはまだ知る由もありませんでしたが。

「ガンダム」以降もコカ・コーラのCMソング(「I Feel Coke」)やカラオケの第一興商(でしたっけ?)のCMソング(「Straight From The Heart」)をふとテレビで耳にして、「いい曲だな」と思って調べてみると井上大輔さんの曲だったりして、今から振り返ってみると、井上大輔さんは私の音楽嗜好のベースを作ってくれた音楽家だったんだなぁと思います。

その後、成長してポップス好きになり、やがてビーチ・ボーイズと出会い、ビーチ・ボーイズ曲のカヴァー・ヴァージョンを収集しているうちに、ブル・コメが「ヘルプ・ミー・ロンダ」をカヴァーしていたことを知りました。驚くと同時に、凄く嬉しかったことを覚えています。ビーチ・ボーイズ曲のカヴァーは好きで色々と集めてはいますが、井上大輔さんのサックスを大胆にフューチャーしたブル・コメの「ヘルプ・ミー・ロンダ」は、20年以上の歳月を越えて初めて買ったレコードと、その頃の自分を思い出させ、向き合わせてくれる、私にとって特別なカヴァー曲になっています。


「ヘルプ・ミー・ロンダ」のカヴァー収録
『Tales Of Blue Comets Past Masters 1965-1972』

ネット配信の普及が人と音楽の関わり方をどのように変えていくのか、私にはよく分かりませんけど、今回の米タワ・レコのように、CD・レコード屋さんがネット配信の普及により結果的にお店を畳んだりするようになっていってしまうとしたら凄く残念な感じがします。私はCD・レコード屋さんが好きなので。とりあえず、今度、初めてレコードを買ったお店に久しぶりに行ってみようと思っています。
スポンサーサイト

『Pet Sounds』40周年記念盤

久しぶりにブライアン・ウィルソンのHPが更新されました(→brianwilson.com)。来月リリースされる『Pet Sounds』40周年記念盤に合わせての更新のようです。



…それにしても、世界5万枚限定生産のデジパック仕様の輸入国内盤(CD&DVD)、DVDに字幕入りの国内プレス盤(CD&DVD)、世界1万枚限定生産のアナログ二枚組みと、三種類も出てしまうのはちょっと困ります(懐が)。

まぁ、今回の目玉はやっぱりDVDだと思うので、字幕が入る国内プレス盤(CD&DVD)は絶対。あとの二つはどうしよう…。

SUMMER MEANS FUN!

かっこいい…最高の三人。



若い頃の音楽との出会いは強烈で貴重というけれども、まさか三十歳も過ぎてからマジに虜になってしまうバンドに出会うなんて。彼らに出会わせてくれた色々なめぐり合わせに思いっきり感謝したいですよ。

8/19、新宿 CLUB DOCTOR で行われたCHARLIE & THE HOT WHEELS“RODDER'S RULE”レコ発ライヴ「SUMMER MEANS FUN!」…痺れっぱなしのライヴでした。



↑ライヴのフライヤー

新作『RODDER'S RULE』からはもちろん、2004年の『HOT ROD CRAZE』のナンバーやトレイドウィンズのカヴァーなども含め、全部で15曲くらい演奏してくれたのかな。興奮しっぱなしで曲順は忘れてしまいましたけど。

『RODDER'S RULE』の曲ではやっぱり「FIRST ROMANCE IN SUMMER / はじめてのビキニ」は名曲だなと思いましたね。何年か後、2006年の事を思い出すときに心にリフレインしてくるのはブライアン・ウィルソンの「The Spirit Of Rock And Roll」とこの「FIRST ROMANCE IN SUMMER / はじめてのビキニ」だと思う。

アンコールでは『1/4 MILE OF LOVE』収録の名曲「Sexy Sweater Girl(セーター・ガールは17才)」も聴けて大興奮。「これで終わりかな…」と寂しく思ったところにジュンさんが

「409やろう」

今、世界中で「409」であれほど盛り上がる空間が他にあるでしょうか?いや、ないでしょう。「giddy up giddy up 409」のコーラスを一緒に歌いながらこの瞬間が永遠に続け!と思いました。

CHARLIE & THE HOT WHEELS…本当にかっこいいバンドです。私は周りのビーチ・ボーイズ好きな方に彼らのことを宣伝しまくっていてその被害に遭われた方もいらっしゃると思いますが、まだ未聴の方はぜひ『RODDER'S RULE』を聴いてみて下さい。1575円、高くないですよ! 気に入った方はライヴに。彼らの凄さはやっぱりライヴで判りますからね。


『RODDER'S RULE』

RODDER'S RULE

8月もあっという間にお盆を過ぎて、残すところあと二週間足らずになりました。

ここ数日は台風の影響のせいかずっと雨模様だし、なんとなく、「今年の夏ももう終わりかな」というような心境になっている方もいらっしゃるのでしょうか。いや~、ノーノーです!まだ夏は終わってないですよ!

CHARLIE & THE HOT WHEELS(チャーリー&ザ・ホット・ホイールズ)の待望の新作が発売になったのですから!タイトルはビーチ・ボーイズ・ファンなら思わずニンマリしてしまう『RODDER'S RULE』。



C/GAS CHEVY / 僕はドラッグ・レーサー
RODDER'S RULE / クラブの掟
HUNTINGTON GIRL / 恋するハンティントン・ガール
FIRST ROMANCE IN SUMMER / はじめてのビキニ
409 / 409

ジャケと曲名を見てるだけでも私的にはうっとりしてしまいます。内容ももちろん最高。その中でも4曲目「FIRST ROMANCE IN SUMMER / はじめてのビキニ」はドキドキ感とせつなさが交錯する新たな夏の名曲。最後の5曲目はブライアンとゲイリー・アッシャー共作のビーチ・ボーイズ/ホット・ロッドの名曲のガツンとくるカヴァー。これがまた最高!

世の中にはサーフィン&ホット・ロッドなんて「過去の音楽」だと思っていらっしゃる方もいるかもしれません。いや~、ノーノーです!CHARLIE & THE HOT WHEELSがいる限り、サーフィン&ホット・ロッドはなくなりません!

明日(19日)は新宿 CLUB DOCTOR で“RODDER'S RULE”Release Party!!!「SUMMER MEANS FUN!」と銘打ってライヴがあります。もちろん行く予定です。観に行かれる皆さん、一緒に盛り上がりましょう!

I Wanna Be Around

昨日、8月13日はジャズ&ポピュラー歌手のトニー・ベネットの誕生日でした。

1926年生まれの御年80歳。現在でも精力的な音楽活動を続けていらっしゃるそうで、 9月には生誕80年記念として、ポール・マッカートニー、コステロ、スティング、ビリー・ジョエル、エルトン・ジョン、スティーヴィー・ワンダーなどの豪華ゲストを招いたデュエット・アルバムが発売になるとか(→tonybennett.net

せっかくの誕生日だったので昨日はトニー・ベネットのベスト盤(『16 Most Requested Songs』)を聴いていました。


『16 Most Requested Songs』

このベスト盤に収録された曲の中でもビーチ・ボーイズ・ファンであるがゆえに特に気になって聴いていたのが「I Wanna Be Around」という曲。1963年にトニー・べネットが歌い全米14位のヒットになったジョニー・マーサー作の曲で、2004年に出たブライアン・ウィルソンの『Smile』の11曲目(「I'm In Great Shape / I Wanna Be Around / Workshop 」)にカヴァーされて組み込まれているんですよね。

「I Wanna Be Around」のカヴァーは66~67年のスマイル・セッションにおいても録音されていますが、ブライアン&ヴァン・ダイク・パークスがなぜこの曲を『Smile』に組み入れたのかはよく知りません。次に続く「Workshop」のノコギリやハンマーの音を面白く強調するための前奏という感じもするのですが。

もしかしたら「I Wanna Be Around」の作者ジョニー・マーサーがアメリカの偉大な作詞・作曲家であり、キャピトル・レコードの設立者の一人であることから、過去の偉大な音楽家と彼らが生み出した音楽に敬意を表するという意味合いもあるのかもしれませんね。


ジョニー・マーサー

エッソ・トリニダート・スティール・バンド

昨日(8月9日)は「レギュラーガソリンの店頭価格が全国平均で1リットルあたり過去最高の143円台」のニュースを聞いて、昼間から少々憂鬱でしたね。自分が普段使うガソリン・スタンドでは一体、いくらになっているのだろう?と思うと、なんとなく溜め息が出てしまいそうです。

夜、サッカー日本代表・オシム監督新体制での初戦、日本vsトリニダート・トバコをテレビ観戦。今後に期待の持てる試合内容でこっちはひとまず安堵。

ふと、ガソリンとトリニダート・トバコから一枚のアルバムを思い出しました。



エッソ・トリニダート・スティール・バンドです。ご存知、「スマイル」でのブライアンの相方、ヴァン・ダイク・パークスが71年にプロデュースしたスティールパン・バンドの一枚。トロピカルでカラフルなスティールパンの演奏に、時に屈託のないボーカルも入って最高に賑やか。今の季節にぴったりですね。個人的なベスト・トラックはジャクソン・ファイヴのカヴァー「I want you back」。他にはキンクスの「Apeman」やサイモン&ガーファンクルの「Cecilia(いとしのセシリア)」のカヴァーもやっています。

残念ながらビーチ・ボーイズ曲のカヴァーはやっていません。それはもしかしたら「スマイル」の挫折からまだ数年、という時期だったせいかもしれませんね。

本作のアメリカ盤ジャケ↓ 外装を剥がすと…。発想がエッソではなくエロ? 私はなんとなく「All Summer Long 」っぽい日本盤ジャケの方が好きです。いやホントに。

   

亀田=ウィルソン

騒動になっていますね。WBA世界ライトフライ級王座決定戦、亀田興毅 vs フアン・ランダエタの判定。

“亀田興毅選手の勝利には納得がいかない”“あれは疑惑の判定だ”というような意見がかなり多いようです。試合を放送したテレビ局には5万件の問い合わせ・苦情の電話があったとか。

私はボクシングに関しては全くの門外漢なので、素人意見になってしまいますが、やっぱりあの判定(亀田勝利)はホームタウンディシジョンそのものだったのでは?と思います。「公平な判定ではない」と言ってしまえばそれまでの話で、ボクシングは審判の判定の際、地元有利に流れやすいスポーツだということなんじゃないでしょうか。

個人的には、ボクシング自体にはさほど興味はないのですが、亀田興毅選手&亀田三兄弟はなんとなく応援しています。




というのも、私はビーチ・ボーイズ・ファンであるがゆえに

亀田三兄弟がウィルソン三兄弟に重なって見えてしまう

からです。

天才肌の長兄である興毅は当然、ブライアン・ウィルソン。やんちゃでパワフルな次男坊・大毅はもちろんデニス。まだあどけなさの残る末っ子・和毅はやっぱりカール。自らの果せなかった夢を託し、子供をしごく父親・史郎はマリー・ウィルソン。

いつか次男坊の大毅選手には試合後のカラオケ・パフォーマンスで「You Are So Beautiful」を熱唱して欲しいですね。

Beak Sounds

一応、梅雨明けが発表されたみたいですね。でもまだ気温が低いせいか、曇り空が多いせいか、「いよいよ夏本番だ!」というようなワクワクする感じがありません。まぁ、過ごしやすくていい部分もありますけど、私は夏好きな人間なので、この時期はもう、かーっと暑くなって欲しいです。青空がばーっと拡がってね。夏は夏らしく。

夏っぽい音楽でも聴いて、気分だけでも夏らしくなろう、ということで、今、CD棚から取り出して聴いているのが、



ビーチ・ボーイズの『Endless Summer』…ではなく、そのパロディ・ジャケ作品、Toucansの『Beak Sounds』です。

Toucansはアメリカ・シアトルのスティールパン・バンド。このアルバムにはビーチ・ボーイズの「Kokomo」、ビートルズの「I Will」などのポップス曲と、スティールパン発祥の地・トリニダード・トバゴに伝わるフォーク・ソングのカヴァーが収録されています。全編、スティールパンの演奏によるインスト・カヴァーですが、「Kokomo」だけは「Sing Along With Kokomo!」ということで歌詞がジャケットに掲載されています。

このスティール・パンの涼やかでトロピカルな音色を聴きながら、冷やし中華でも作って食べれば少しは夏らしい気分になりそうです。
プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。