スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOT WHEELS初め

今年の初ライヴは1月20日(日)、下北沢 BASEMENT BARで行われた『平成ウエスタンカーニバル 新春カバー大会』。お目当てはもちろんチャーリー&ザ・ホット・ホイールズ(CHARLIE & THE HOT WHEELS)っす。



いや~、なんでも、現在決まっている3月までのスケジュールで無期限の活動停止になってしまうそうで。さびしいな~。だって彼らのことを知ってから人生が変ったと言ってもいいくらいなんですもん。

私はビーチ・ボーイズやサーフィン&ホット・ロッドがとても好きで、そしてかなりの妄想家(笑)、ビーチ・ボーイズ達が生み出したカリフォルニア幻想(暖かな太陽、青い海、白い砂浜にビキニの女の子、ピカピカに輝く赤いフォード・サンダーバードとか…)の世界に憧れてました。

ボーイズの5人のオリジナル・メンバーの中で本物のサーファーはたった1人(デニス・ウィルソン)だけだったとか、ホーソーンの海に行ったら川崎の海みたいだった(能地さん・談)とか、様々な事実を知ってもその憧れは色褪せたりしなかったんですけど、じゃ~、自ら実際にサーフィンをしたり古いアメ車に乗ったりしたかというと、そこまではしなかった。海は汚れてるし紫外線も危ない、車は燃費や環境のことを考えれば古いアメ車なんてちょっと…ね。ま、憧れだけでいいやと。

でも、チャーリー&ザ・ホット・ホイールズと出逢ってからは違ってきたというか。彼らのライヴで、例えばもしアメリカの60年代前半、海の無い中部の州でもサーフボードが売れたっていう空前のビーチ・ボーイズ/サーフィン&ホット・ロッド・ブームの時、とあるライヴ会場に入ったらこんな感じだった?みたいな熱気に包まれて、完全に痺れちゃったんです。そして目を見開かされたんです。彼らが憧れを今に体現させようとしているように、自分も何か形にしなきゃという欲求がムズムズと出てきました。

単純にサーフィンに(再)挑戦しようとか、古いアメ車に乗っちゃおうとか、そういうこと以外に何が出来るのか、まだまだ模索の途中ではあるんですが、ただ妄想して憧れていた以前とは明らかに違ってきて、なんかもう毎日がドキドキしちゃってる(笑)

活動停止は凄くさびしいですけど、活動再開を一生待ちつつ、色々やっていきたいなぁと思ってます。

前置きが長くなりましたが、いや~、相変わらずかっこ良かった!セット・リストはだいたいこんな感じ。

I Do
Little Honda
Anywhere The Girls Are
Tell' Em Ⅰ'm Surfin'
Hot Rod U.S.A.
Mr.ハーレーダビットソン(feat.RYUTA)
Love Chance
Custom Machine
Club Seventeen
409

個人的にはリップ・コーズ「Hot Rod U.S.A.」を聴けて嬉しかった!あと、クールスのカヴァー2曲(「Mr.ハーレーダビットソン」「Love Chance」)も新鮮で良かったですね。特にLITTLE ELVIS RYUTAさんをメインに迎えた「Mr.ハーレーダビットソン」はなんとなく「私の彼はミスター・シェベル」を思い出しちゃいました。

チャーリー&ザ・ホット・ホイールズの今後のライヴ・スケジュールですが、1/27宇都宮、2/29日新宿、3/8横浜、3/23渋谷の4回。3/23渋谷は短めの出演らしいです。お時間ある方はぜひ観てみて!彼らのことを知らなきゃ、今、ビーチ・ボーイズもサーフィン&ホット・ロッドも語ることは出来ないですよ!
スポンサーサイト

radio cat sounds

7月に入りましたね。数少ない貴重な読者の皆様、どのようにお過ごしでしょうか?

あー、cat soundsでは今月から夏限定で「あること」を始めましたよ。はい、夏限定で始めることといえば…



冷やし中華ね。…いや~、すみません、違います、違います。

何を始めたかというと、

夏限定のインターネット・ラジオ!

梅雨の鬱陶しさをステキに晴らしてくれる、ゴキゲンなサーフィン&ホット・ロッド・ナンバーが満載です。

今すぐアクセス!↓  

radio cat sounds

Live365のリスナーの方はすぐ聴けます。リスナーではない方も登録は簡単、無料です。まずトップページにアクセスしていただいて、画面右上にある「Sign Up」をクリックして下さい。「Free Membership Sign Up」というページに移動しますので、そこで必要事項を入力。無事登録が行われると、登録したアドレス宛にメールが送られているので、そのメールを開いて確認のURLをクリックしていただければOKです。

今は誰でもパソコンや携帯音楽プレーヤーに大量の音源を詰め込んで、それをマイ・ラジオの感覚で楽しんでいる時代。なぜわざわざお金を払ってネット・ラジオなんて始めたかというと、やっぱり彼らの存在。



CHARLIE & THE HOT WHEELS ! 「cat sounds」のブログを続けている大きな理由のCHARLIE & THE HOT WHEELS !そんな彼らはライヴで素晴らしいオリジナル曲の他に、60'sのサーフィン&ホット・ロッドのカヴァーを演ってくれてて、…いや、別にカヴァーが好きでCHARLIE & THE HOT WHEELSファンになったわけじゃなく、「389」「セーター・ガールは17才」「Hot Rod Highschool」「はじめてのビキニ」…などなど、そういったオリジナル曲に惚れちゃってるんですが、やっぱりカヴァーの方も凄くて。選曲も凄いし、演奏もたんに昔の曲の再現じゃないのです。というか、いまどき何処のライヴ・ハウスで本気で盛り上がって「409」を聴けるのかと。「世界的にもこんなバンドはいないんじゃないか」というお話も伺ってます。サーフィン&ホット・ロッドやビーチ・ボーイズ・スタイルの音楽がお好きならぜひ聴いて欲しい!彼らがライヴで採り上げている曲をネット・ラジオでヘヴィ・ロテで流したりなんかしたら興味を持ってもらえるかしら?と思ったのが“radio cat sounds”を始めてみたきっかけ。まぁ、当初の計画では、CHARLIE & THE HOT WHEELSがライヴでカヴァーしている曲だけへヴィ・ロテで流すつもりだったのですが、あー、Live365には色々と細かいルールがあるようで、番組はある程度の長さがないとダメ、同じミュージシャンの曲を何曲もかけられない、一枚のアルバムから何曲もかけられない、とか(細け)。ということでCHARLIE & THE HOT WHEELSがライヴでカヴァーしている曲はあくまで中心ということで、その他は60'sのサーフィン&ホット・ロッドの良曲を選りすぐって構成してあります。あ、ガール・ポップものも入ってますね。いい曲しか入れてないです。サーフィン&ホット・ロッドというと、インスト・ナンバーもたくさんあるのですが、“radio cat sounds”は歌もの中心で行きます。曲は全て自前のCDからチマチマとリッピングしたものです。音源のアルバム名が明らかになっちゃってるんでコレクターとしてのレヴェルを見透かされちゃって恥ずかしいんですが。番組は1時間ちょっと。2~3日おきに基本のライン(CHARLIE & THE HOT WHEELSがライヴでカヴァーしている曲)以外の曲を少しずつ替えます。今のオススメ曲は(一応全部オススメですけど)ビーチ・ボーイズ「In My Room」のアンサー・ソング、ロビン・ワードの「In His Car」。甘く切ないドリーミー・ポップに酔いしれて下さい。あと、大好きなラグ・ドールズの「Dusty」も入れてあります。聴かれた方はよろしければ感想のコメント、とらじろうさんへの励ましのコメントなど下さい!

断絶 勝手にライブ&トークショウ

「断絶」のDVDが発売になりましたね。皆さん、買われましたか?私はこの映画、前々から「いつか観てみたい!」と思っていたので、今回のDVD化は本当に嬉しいです。ちょっと贅沢にコレクターズ・エディションの方を購入しちゃいました。



さらに、先週の土曜日(4月14日)、西麻布のThe BARONで開かれたRAT HOLIC presents「 TWO-LANE BLACKTOP 」~映画「断絶」日本版DVD発売記念!勝手にライブ&トークショウ~というイベントを観て来ました。

いや~、西麻布なんて場所は、とんねるずの「雨の西麻布」の歌の中でしか知らない(六本木ヒルズもまだ行ったことない)とらじろうなので当日は朝からちょっと緊張気味だったのですが、行ってよかったですね~、楽しかったです。「断絶」についての濃い内容のトークショウとかっこいい3バンドのライヴ、さらに先着100名にイベント限定のポスターがもらえて、なんと入場は無料。ステキなイベントをありがとうございます!

トークショウでは、ゲスト出演されたCHARLIE & THE HOT WHEELSのバディさんが

普通に観ていたら寝てしまう映画…ストーリーの裏側を理解しようとしないと

武蔵小山ペット・サウンズ・レコードの森店長さんは

デニス・ウィルソンの一番かっこよかった頃の姿が刻まれている

とのお言葉。今週末、ゆっくり鑑賞しようと思います。

ライヴでは、CHARLIE & THE HOT WHEELSの1曲目がなんとブライアン・ウィルソンとマイク・ラヴ共作のホット・ロッド・ソング 「Custom Machine」!この曲は初出かな?かっこよかったですね。その他、ビーチ・ボーイズの曲ではジュンさんの「デニス・ウィルソンの掛け声で始まる曲」のMCから「Little Honda」、アンコールはシェビーについての歌「409」で大盛り上がり。オリジナルの「389」「C/Gas Chevy」「Rodder's Rule」も聴けて嬉しかった!「Hot Rod Highschool」も聴きたかったですけど、またの機会ですね。

CALIFORNIA SUN !!

2007年の初ライヴは1/6(土)、新宿CLUB DOCTORでの『RAT HOLIC presents 「 CALIFORNIA SUN !!」Vol.2』。今回、CHARLIE & THE HOT WHEELSは全曲60'sサーフィン&ホット・ロッドのカヴァーで出演。



いや~、もう1曲目のブライアン・ウィルソン・ナンバー「I Do」から大興奮で。その後もゲイリー・アッシャー&ロジャー・クリスチャンの「Hot Rod High」、スローン&バリの「Anywhere The Girls Are」「Tell' Em Ⅰ'm Surfin'」「Summer Means Fun」、ビーチ・ボーイズ・コーナーとして「409」「Little Honda」の2曲、ロニー&ザ・デイトナス「Sandy」、トレイドウインズ「New York's A Lonely Town」などなど、次から次に放たれる怒涛のサーフィン&ホット・ロッド・ナンバーの数々に汗べっとりで大熱狂。The PebblesからETSUKOさん迎えてのアネット「Monkey's Uncle」もステキでしたね。“ハニーズ”も可愛らしかったなぁ。

あぁ、もうーっ、本当にカッコいいよ、HOT WHEELSは!

ビーチ・ボーイズに代表されるようなサーフィン&ホット・ロッド物のカヴァーを演ったり、自らのオリジナル曲にそのサウンド・スタイルを取り入れたりするミュージシャンは他にもいる。…でも、言っちゃ悪いけど、上っ面をなぞっているだけ、器用に似せただけ、そんなものばかりでしょ?聴いても何も感じない。

今回、 DOCTORに入った時に頂いた冊子のインタビューで、バディさんが

俺達聴いたから、南カリフォルニアに行きたくなるっていう

と仰っていますが、HOT WHEELSを聴いていると17歳の少年に戻った感じで「カーッと」熱くなる。胸が「ドキドキ」して居ても立ってもいられなくなる。サウンドの中にあるPUNKの部分がそうさせるんですね。そしてありがちな懐古趣味に陥らず、自らの周りを60年代の南カリフォルニアのような空間に変えちゃう。そういうマジックがある。マジに。とにかく、彼らほどサーフィン&ホット・ロッドの“熱さ”を力強く表現している人達はいないです。

あと…ふと思ったんだけど、我々が憧れている往年のサーフィン&ホット・ロッドのグループって、極一部を除き、実はプロデューサーとスタジオ・ミュージシャンによって作り上げられた実体のない「でっちあげ」だったりすることがある。でも…HOT WHEELSには実体がある。ホンモノだ。演奏もコーラスも曲書きも3人によって行われ、ライヴでも彼らの音楽は瑞々しくダイレクトにハートに伝わってくる。これは実はかなり凄いこと。こんないいバンドを生で観ることが出来て、俺って本当にラッキーだと思う。



今後のカヴァーで、もしリクエストさせていただけるとしたら、リップ・コーズなんかが演っているボビー・ダーリン&テリー・メルチャー作の「Hot Rod U.S.A.」が聴きたいかなぁ。HOT WHEELSに合っている感じがしないですか?

CHARLIE & THE HOT WHEELS!!

10月7日(土)新宿Club Doctor、CHARLIE & THE HOT WHEELSのワンマン・ライヴ2006 『RODDER'S RULE』。



アンコールに応えて再びステージに登場した彼らが放った1曲目はキャステルズの「I Do」ですよ。ブライアン・ウィルソン作のナンバーの中では、どちらかといえば「レア」な部類の曲。ただ、レコード・マニアが「レア」と呼ぼうが、この日、この夜のClub Doctorで、共に同じ空間と時間を過ごした人間にとっては「レア」でもなんでもない。リアルに表現者とオーディエンスが呼応し、お互いを分かち合い、高め合い、 だらだらと汗をかき、場をさらに熱狂の渦に巻き込んでいった「現実」そのもの。

いや、「I Do」だけじゃない。この日のライヴの1曲目のスローン&バリ「Tell‘Em Ⅰ'm Surfin'」に始まり、ビーチ・ボーイズ「Little Honda」、「409」、Rockin'Enockyさんをゲストに招いたボビー・フリーマン/ビーチ・ボーイズ「Do You Wanna Dance」、ゲイリー・アッシャーに捧げられた「Hot Rod High」、トレイドウインズ「New York's A Lonely Town」、ロニー&ザ・デイトナス「Sandy」などのかっこいいカヴァーの数々。それらを聴きながら、身体中シビれながら、ふと、萩原健太さんが、近年のブライアン・ウィルソンを「新しさが無いからダメだ」と評した短絡的なロック・ジャーナリズムがいたことに対して、

“どんなに昔に作られた曲だろうと、もしそれが現代にきっちり有機的に機能しているのならば、それは現役の音楽だ”

と反論した言葉を思い出す。CHARLIE & THE HOT WHEELSもそう。60年代サーフィン&ホット・ロッドのカヴァーもけしてオールディーズには聴こえない。三人の素晴らしい演奏とアレンジ、コーラス・ワークによって新しい息吹とスピリットが注入された、2006年に生きる我々の心を揺さぶる瑞々しいロック・ナンバーだ。

もちろんカヴァーだけじゃない。我々がいにしえのアメリカに抱いた「憧れ」をすくい上げたような、または(ビーチ・ボーイズがベトナム戦争中にもサーフィン&ホット・ロッドを歌っていたことを今だ揶揄するような人間にはきっと分からない)、10代より20代、20代より30代と、年齢を重ねることによって増す「終わりなき夏」への思い、それらを代弁したような歌詞を持つ素晴らしいオリジナル曲の数々。この日、ジュンさんが

「30代、40代の人は直撃されて下さい」

と演奏をはじめた、最新アルバム『Rodder's Rule』収録の「はじめてのビキニ(First Romance In Summer)」はまさにそんな思いを凝縮した1曲だし、2004年の『Hot Rod Craze』からの曲も、デビュー・アルバム『1/4 Mile Of Love』からの「Sexy Sweater Girl(セーター・ガールは17才)」も、「389」も、いつもライヴの佳境で放たれる「Hot Rod Highschool」も、カヴァー曲以上にこちらのハートを揺さぶる最高のロック・チューンだ。

奇跡を見ているんじゃないか …とすら思う。

90年代後半以降のブライアン・ウィルソンの復活に同時代的に立ち会えた喜び、それに似たような感情をCHARLIE & THE HOT WHEELSの存在にも感じる。こんな最高のバンドが今、いるんだということ。それは本当に本当に嬉しい。

CHARLIE & THE HOT WHEELS!

チャーリー&ザ・ホット・ホイールズ in 新宿Club Doctor (8/19)…あれからもうすぐ1ヵ月ですか。



チャーリー&ザ・ホット・ホイールズのライヴ写真をアップさせていただきました(石川さん、ありがとうございます!)。左からバディさん(Bass/Vocal)、ジュンさん(Guitar/Vocal)、チャーリーさん(Drums/Vocal)。…最高にかっこいい3人。

先日、私の相方にもチャーリー&ザ・ホット・ホイールズの最新アルバム『RODDER'S RULE』を聴かせてみました。身内からでもコツコツとファンを増やしていこうというつもりだったのですが、1曲目の「C/GAS CHEVY」を聴くやいなや、ポツリと、「チェッカーズみたい」ですって…。チェ、チェッカーズ???そりゃ違うわ。音楽性違うし、チェッカーズの100倍はかっこいいっつーの!

まぁ、ビーチ・ボーイズ・ファンの方であれば、彼らのサウンドに60年代サーフィン&ホット・ロッドのエッセンスとスピリットと愛がいっぱい詰まっているのを判っていただけるでしょう。本当にオススメです!

あと…クレイジーケンバンドの横山剣さんがチャーリー&ザ・ホット・ホイールズを

“国道16号ノリって言うか…”

と、表現しているんですけど、国道16号線沿いの、例えば福生や横須賀といった街に漂う、かつてアメリカの残り香に惹かれていたり、映画「アメリカン・グラフィティ」に描かれたような50~60年代のアメリカに憧れていたりする方は彼らの音楽はピタッと来るんじゃないでしょうか。

現在、お求め易いのはこの(↓)3枚。お買い上げはこちらで。


『RODDER'S RULE』

今年の夏発売の最新作です。タイトルはビーチ・ボーイズの曲「Surfer's Rule」からでしょうか。素晴らしい4つのオリジナル曲の中でも特に「FIRST ROMANCE IN SUMMER / はじめてのビキニ」は、この先、新たな「サマー・クラシック」となっていくであろう名曲。ラストはブライアン・ウィルソン&ゲイリー・アッシャー作の「409」のカヴァー。思いっきりアクセル踏み込んでます。



『GIRLS SHOOT THE CURL』

2005年リリース。タイトルはハニーズの曲「Shoot The Curl」からでしょうか。、“ガールズ・サーフ”をテーマにしたThe Pebblesとのカップリング・アルバムで、元THE MUTANT MONSTER BEACH PARTYのKUMMYさんをヴォーカルに招いています。2曲目の「Seven Seas' Heaven」は「Don't Worry Baby 」と「Be My Baby」へのオマージュのような曲。イントロはブルース&テリー作の「Coming On Too Strong」(ウェイン・ニュートン)みたいな感じ?



『HOT ROD CRAZE』

2004年リリース。タイトルはスローン&バリ作の曲「Surfin' Craze」からでしょうか。「クルマ」と「夏」をテーマにHOT WHEELS節全開の1枚。個人的には、「I Get Around」っぽいフレーズとチャーリーさんの素的なファルセットが入る「KUSTOM TRICK」がお気に入り。ラストはスローン&バリの名曲「Summer Means Fun」のカヴァー。素晴らしい出来です。

SUMMER MEANS FUN!

かっこいい…最高の三人。



若い頃の音楽との出会いは強烈で貴重というけれども、まさか三十歳も過ぎてからマジに虜になってしまうバンドに出会うなんて。彼らに出会わせてくれた色々なめぐり合わせに思いっきり感謝したいですよ。

8/19、新宿 CLUB DOCTOR で行われたCHARLIE & THE HOT WHEELS“RODDER'S RULE”レコ発ライヴ「SUMMER MEANS FUN!」…痺れっぱなしのライヴでした。



↑ライヴのフライヤー

新作『RODDER'S RULE』からはもちろん、2004年の『HOT ROD CRAZE』のナンバーやトレイドウィンズのカヴァーなども含め、全部で15曲くらい演奏してくれたのかな。興奮しっぱなしで曲順は忘れてしまいましたけど。

『RODDER'S RULE』の曲ではやっぱり「FIRST ROMANCE IN SUMMER / はじめてのビキニ」は名曲だなと思いましたね。何年か後、2006年の事を思い出すときに心にリフレインしてくるのはブライアン・ウィルソンの「The Spirit Of Rock And Roll」とこの「FIRST ROMANCE IN SUMMER / はじめてのビキニ」だと思う。

アンコールでは『1/4 MILE OF LOVE』収録の名曲「Sexy Sweater Girl(セーター・ガールは17才)」も聴けて大興奮。「これで終わりかな…」と寂しく思ったところにジュンさんが

「409やろう」

今、世界中で「409」であれほど盛り上がる空間が他にあるでしょうか?いや、ないでしょう。「giddy up giddy up 409」のコーラスを一緒に歌いながらこの瞬間が永遠に続け!と思いました。

CHARLIE & THE HOT WHEELS…本当にかっこいいバンドです。私は周りのビーチ・ボーイズ好きな方に彼らのことを宣伝しまくっていてその被害に遭われた方もいらっしゃると思いますが、まだ未聴の方はぜひ『RODDER'S RULE』を聴いてみて下さい。1575円、高くないですよ! 気に入った方はライヴに。彼らの凄さはやっぱりライヴで判りますからね。


『RODDER'S RULE』

RODDER'S RULE

8月もあっという間にお盆を過ぎて、残すところあと二週間足らずになりました。

ここ数日は台風の影響のせいかずっと雨模様だし、なんとなく、「今年の夏ももう終わりかな」というような心境になっている方もいらっしゃるのでしょうか。いや~、ノーノーです!まだ夏は終わってないですよ!

CHARLIE & THE HOT WHEELS(チャーリー&ザ・ホット・ホイールズ)の待望の新作が発売になったのですから!タイトルはビーチ・ボーイズ・ファンなら思わずニンマリしてしまう『RODDER'S RULE』。



C/GAS CHEVY / 僕はドラッグ・レーサー
RODDER'S RULE / クラブの掟
HUNTINGTON GIRL / 恋するハンティントン・ガール
FIRST ROMANCE IN SUMMER / はじめてのビキニ
409 / 409

ジャケと曲名を見てるだけでも私的にはうっとりしてしまいます。内容ももちろん最高。その中でも4曲目「FIRST ROMANCE IN SUMMER / はじめてのビキニ」はドキドキ感とせつなさが交錯する新たな夏の名曲。最後の5曲目はブライアンとゲイリー・アッシャー共作のビーチ・ボーイズ/ホット・ロッドの名曲のガツンとくるカヴァー。これがまた最高!

世の中にはサーフィン&ホット・ロッドなんて「過去の音楽」だと思っていらっしゃる方もいるかもしれません。いや~、ノーノーです!CHARLIE & THE HOT WHEELSがいる限り、サーフィン&ホット・ロッドはなくなりません!

明日(19日)は新宿 CLUB DOCTOR で“RODDER'S RULE”Release Party!!!「SUMMER MEANS FUN!」と銘打ってライヴがあります。もちろん行く予定です。観に行かれる皆さん、一緒に盛り上がりましょう!
プロフィール

とらじろう(とらさん)

  • Author:とらじろう(とらさん)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。